分子夾雑の生命化学

menu

解説・総説

[すべて] [A01の成果] [A02の成果] [A03の成果]

  1. 進藤 直哉, 王子田 彰夫コバレント阻害剤の標的特異性向上を目指した新規反応基の探索とEGFR阻害剤への応用MEDCHEM NEWS2017, 27, 92-99
    Tags:
    王子田A01
  2. 湯川博、小林香央里、新岡宏彦、亀山達矢、佐藤和秀、鳥本司、石川哲也、馬場嘉信, NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivo蛍光イメージングバイオインダストリー, 2017, 34, 27-34.
    Tags:
    馬場A03
  3. H. Yukawa, Y. Baba, In vivo fluorescence imaging and the diagnosis of stem cells using quantum dots for regenerative medicine, Anal. Chem., 2017, 89, 2671-2681.
    Tags: 馬場A03
  4. 湯川博、馬場嘉信, 量子ドットによる移植幹細胞in vivo 蛍光イメージング, Organ Biology, 2017, 24, 81-86.
    Tags:
    馬場A03
  5. 安井隆雄、加地範匡、馬場嘉信, 尿を使った疾病診断を目指したナノワイヤ空間の創製, 化学工業, 68 (10), 768-772 (2017).
    Tags:
    馬場A03
  6. 三好大輔、細胞環境化学模倣実験系におけるDNAの構造とその熱力学的安定性、日本核酸化学会誌, 1, 13-192017)                                        
    Tags:
    杉本A02
  7. H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto, Biological and nanotechnological applications using interactions between ionic liquids and nucleic acids, Biophys Rev., 10, 931–940 (2018)                                   Tags: 杉本A02
  8. 天池 一真, AGOX化学による生体組織の内在タンパク質の触媒的ラベリング, 2018,生体機能関連化学部会NEWS LETTER, 2018, 33, 7-11. 
    Tags:
    浜地A01
  9. Hiroshi YUKAWA and Yoshinobu BABA, In Vivo Imaging Technology of Transplanted Stem Cells Using Quantum Dots for Regenerative Medicine, Anal. Sci., 2018, 34, 5, 525-532
    Tags: 馬場A03
  10. 安井隆雄、馬場嘉信, 尿中マイクロRNAから「がん」を特定ここまで進んだ「がんの検査と診断」, ライフライン21 がんの先進医療, 2018, 29, 30-34
    Tags:
    馬場A03
  11. 中曽根祐介, 分光法で捉える生体分子の揺らぎ, 分光研究, 2018, 67(2), 63-65
    Tags:
    中曽根A02
  12. 武森信暁, コムギ無細胞合成法を利用した標準ペプチド多重共発現系の開発と定量プロテオミクスへの応用, Proteome Letters, 2018, 3, 23-30
    Tags:
    武森A03
  13. 内田康雄、SWATH-MS法って何?優れた定量精度・感度・網羅性を兼ね備えた次世代型定量プロテオミクス,
    薬剤学「最近のトピックス」, 78(5), 228-234 (2018)
    Tags:
    内田A03
  14. 湯川博, 馬場嘉信
    細胞外小胞顆粒を標的とした疾患診断技術の現状と開発
    最新毉學. Vol. 73(9). 1230-1236, 2018, 最新医学社
    Tags:
    馬場A03
  15. 湯川博
    幹細胞標識用超低毒性量子ドットFluclair™ 試薬の開発
    和光純薬時報, vol. 86, No. 2, pp.2-4, 2018
    Tags:
    馬場A03
  16. Yasui, T.
    Using zinc oxide nanowires to identify cancer from microRNA found in 1 mL of urine.
    Convertech international, vol. 2, No. 6, pp.54-59, 2018
    Tags: 馬場A03
  17. K. Yamatsugu, S. A. Kawashima, M. Kanai, Leading approaches in synthetic epigenetics for novel therapeutic strategies, Curr. Opin. Chem. Biol., 2018, 46, 10-17.
    Tags: 山次A01
  18. 中村陽子,松浦和則
    ウイルスキャプシドの自己集合過程の解析-キャプシド形成の中間体をとらえる
    化学, 73, 5月号, pp.72-73, 2018
    Tags:
    松浦A02
  19. 松浦和則
    高分子科学最近の進歩「ペプチドの自己集合による超分子マテリアル」
    高分子, 67, 8月号, pp.461-464, 2018
    Tags:
    松浦A02
  20. Ferdinandus, S. Arai
    The ABC Guide to Fluorescent Toolsets for the Development of Future Biomaterials
    Front. Bioeng. Biotechnol. 7:5, 2019, doi: 10.3389/fbioe.2019.00005 
    Tags: 新井A03
  21. 田中航浜地格, バイオ応用を指向した刺激応答性超分子ヒドロゲルの設計刺激応答性高分子ハンドブック, 122131, 2018.
  22. 浜地格, 中村圭祐天然タンパク質のケミカルラベリングと創薬研究への展開, MEDCHEM NEWS, 28, 187­192, 2018.
  23. 浜地格, 分子夾雑の生命化学(1)–分子夾雑の有機化学–, 現代化学(化学同人), 574, 3337, 2019.
    Tags:
    浜地A01
  24. 高橋俊太郎, 杉本直己, 分子夾雑系の生命化学(2)–遺伝子発現のデジタル挙動とアナログ挙動–現代化学(化学同人),575, 34-38 ,2019
    Tags:
    杉本A02
  25. 茶谷絵理; 後藤祐児、分子夾雑の生命化学(5) 分子夾雑のタンパク質物理化学-蛋白質凝集研究の進展とこれから, 現代化学(化学同人)2019, 578, 26-30.
    Tags: 後藤A02
  26. 中曽根祐介、過渡回折格子分光法による、光受容体フォトトロピンの反応機構と多様性、生物物理. 第59 巻第3 号. トピックス. 2019.
    Tags: 中曽根A02
  27. 小野島大介、馬場嘉信, 分子夾雑と診断 がん医療への展開, 現代化学, 2019, No. 576, 37-39.
    Tags: 馬場A03
  28. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety5.0・健康長寿社会, 化学とマイクロ・ナノシステム, 2019, 18, 1-6.
    Tags: 馬場A03
  29. 山置佑大, 永田崇, 片平正人, ヒト生細胞中における核酸NMRシグナルの初観測, 生物物理, 59, 18-20, 2019.
    Tags: 片平 A02
  30. 上堀内武尉, 大塚洋一, 竹内彩, 岩田太, 松本卓也, 大気圧サンプリングイオン化法“SPESI”における帯電ナノ体積液体の動的変化, 真空と表面, 受理済
    Tags: 大塚 A03
  31. 佐藤伸一、對馬理彦、中村浩之, タンパク質ケミカルラベリングにおける一電子移動反応の活用, 有機合成化学協会誌77(5) 463-471 (2019)
    Tags: 中村 A01
  32. 内田康雄、次世代型定量プロテオミクスに基づく中枢関門の新規密着結合分子の同定および多発性硬化症の中枢関門破綻への関与, ファルマシア, 55巻、4 号、320-324、2019
    Tags: 内田 A03
  33. 内田康雄、Uniprotデータベース, ファルマシア, 55巻、4 号、335_3、2019
    Tags: 内田 A03
  34. 内田康雄、臼井拓也、寺崎哲也、中枢疾患時の血液脳関門P糖タンパク質の機能変動機構の解明と中枢関門創薬への新展開、医学のあゆみ、271巻、1号、印刷中
    Tags: 内田 A03