分子夾雑の生命化学

menu

公募研究

公募研究のご案内

公募班の先生方には「分子夾雑の生命化学」を推進する上で、計画班メンバーだけでは不足する研究分野を補い、領域研究体制を一層発展的なものにする役割を期待しています。参考までに想定されるキーワードを含めた図を示しますが、これだけに限定されるわけではありません。創造的かつ世界トップレベルの「分子夾雑の生命化学」研究に関する研究提案を幅広く募集いたします。また、本領域総括班が運営するCIBIC(統合生命化学研究センター)にも、公募班メンバーの積極的な関与を歓迎します。ぜひ、計画班と一体になった分野横断的共同研究を推進に貢献ください。

公募班メンバーの紹介

A01:分子夾雑の合成化学

研究代表者 伊野部 智由

 

富山大学大学院理工学研究部(工学)・准教授

細胞夾雑系における選択的タンパク質分解制御方法の開発

研究代表者 小澤 岳昌

東京大学大学院理学系研究科・教授

細胞膜タンパク質機能を制御する人工光応答分子の開発

研究代表者 掛川 渉 

慶應義塾大学医学部生理学教室・准教授

脳内夾雑環境で働く記憶・学習回路の新規化学遺伝学的制御

研究代表者 小松 徹
研究代表者 田井中 一貴

新潟大学脳研究所・特任教授

組織夾雑系の理解を目的としたケミカルプローブの設計戦略

研究代表者 築地 真也 

名古屋工業大学大学院・工学研究科・教授 

細胞内オルガネラ膜の分子認識化学の開拓と展開

研究代表者 寺井 琢也 

埼玉大学・理工学研究科・特別研究員 

分子夾雑場における進化的ペプチドリガンド探索手法の開発

研究代表者 中村 浩之

東京工業大学・科学技術創成研究院・教授 

タンパク質夾雑空間解析を可能とする光触媒‐近接標識法の開発

研究代表者 二木 史朗 

京都大学・化学研究所・教授 

生体膜の曲率・脂質パッキング状態変化を誘起する機能性ペプチド

研究代表者 丸山 達生

神戸大学大学院工学研究科・准教授

ガン細胞内での合成脂質の自己組織化制御と細胞死の制御

研究代表者 山次 健三

東京大学大学院薬学系研究科・助教 

分子夾雑下ヒストンアシル化による細胞機能制御を可能にする化学触媒システムの開発 

A02:分子夾雑の物理・計算化学

研究代表者 明石 知子

横浜市立大学大学院生命医科学研究科・准教授 

夾雑環境下でのネイティブ質量分析によるタンパク質相互作用の観測と追跡

研究代表者 石森 浩一郎

北海道大学理学研究院・教授 

細胞場夾雑系における圧力効果を用いた蛋白質の物理化学的特性解析法の確立と応用

研究代表者 上田 卓見

東京大学大学院薬学系研究科・助教

核磁気共鳴法による分子夾雑系膜環境におけるG蛋白質共役型受容体の機能解明

研究代表者 小井川 浩之

東北大学多元物質科学研究所・助教

蛍光一分子分光による分子夾雑環境におけるタンパク質の構造変化追跡

研究代表者 片平 正人 

京都大学エネルギー理工学研究所・教授

ヒト生細胞の分子夾雑環境における核酸の構造と相互作用の解明

研究代表者 河田 康志

鳥取大学大学院工学研究科・教授

天然変性蛋白質αシヌクレインの細胞内夾雑系における凝集解析とその制御

研究代表者 喜井 勲 

理化学研究所科技ハブ産連本部・ユニットリーダー 

リン酸化酵素の活性・阻害に影響を与える細胞内分子夾雑環境の理解と創薬応用

研究代表者 小松崎 民樹 

北海道大学電子科学研究所・教授

1 細胞ラマン分光イメージングに基づく細胞場の分子データ科学

(研究期間:2018年4月1日?2018年6月28日)

研究代表者 佐藤 薫 

東京大学大学院理学系研究科・助教 

piRNA産生場であるタンパク質-RNA凝集体Nuageの形成機構の解明

研究代表者 菅瀬 謙治 

京都大学工学研究科・准教授

Rheo-NMR による夾雑環境と剪断力がタンパク質の安定性に及ぼす影響の解析

研究代表者 中曽根 祐介 

京都大学大学院理学研究科・助教 

分子夾雑系におけるタンパク質の動的挙動-揺らぎと反応ダイナミクス-

研究代表者 藤原 慶 

慶應義塾大学理工学部・専任講師

分子夾雑が引き起こす生命システム動態転移の構成的な理解

研究代表者 古川 良明

慶應義塾大学理工学部・准教授

分子夾雑環境におけるタンパク質の金属イオン獲得メカニズム 

研究代表者 松浦 和則

鳥取大学学術研究院工学系部門・教授

分子夾雑系におけるウイルスキャプシド自己集合の物理化学

A03:分子夾雑の分析・応用化学

研究代表者 新井 敏 

早稲田大学理工学術院・研究院講師

光熱変換色素を用いた分子夾雑空間の温度制御システムの開発

研究代表者 内田 康雄 

東北大学大学院薬学研究科・薬物送達学分野・助教

輸送分子夾雑系の再構築に基づくヒト血液脳関門の薬物輸送システムの解明

研究代表者 内山 進 

大阪大学大学院工学研究科・生命先端工学専攻・教授 

蛍光超遠心分析法による分子夾雑環境中での定量的相互作用解析

 

研究代表者 大塚 洋一 

大阪大学大学院理学研究科化学専攻・助教 

ナノ体積液を駆使した極致イメージング質量分析法による分子夾雑情報の可視化

研究代表者 加地 範匡  

九州大学大学院工学研究院・教授 

酵素活性に着目した分子夾雑系定量法の開発

研究代表者 篠原 恭介 

東京農工大学大学院工学府
生命工学専攻・特任准教授

細胞夾雑系における脱凝集因子 Hsp104 の特性解析と神経変性疾患治療への応用

研究代表者 武森 信暁 

愛媛大学先端研究・学術推進機構
講師

トップダウンプロテオミクスによる分?夾雑環境におけるタンパク質分?の構造解析