分子夾雑の生命化学

menu

一般講演3

[すべて] [A01の成果] [A02の成果]  [A03の成果] 

  1. 中村彰伸、沖超二、市橋裕樹、浦野泰照、小松徹、吉井達之、築地真也、プロテアーゼ耐性型化合物による細胞内シグナルの持続時間制御、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  2. 沖超二、吉井達之、築地真也、タンパク質局在の光操作を実現するケージド局在性リガンドの開発、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  3. 澤田隼佑、中村彰伸、吉井達之、築地真也、細胞膜インナーリーフレットに特異的に結合する合成分子の創製、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  4. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工オルガネラの構築と生体分子制御への展開、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  5. 澤田隼佑、中村彰伸、吉川優、吉井達之、築地真也、細胞膜インナーリーフレットに結合する有機化合物の創製、第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、名古屋大学、2018.11.3–4 Tags: 築地A01
  6. 沖超二、中村彰伸、吉井達之、築地真也、細胞内シグナルの光操作を指向したphotoSLIPTシステムの開発、第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、名古屋大学、2018.11.3–4 Tags: 築地A01
  7. Choji Oki, Tatsukyuki Yoshii, Akinobu Nakamura, Shinya Tsukiji, Controlling moleucles in cells by SLIPT (1): Optochemical, local signal activation at the single-cell level, 日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  8. 波多野結香、吉井達之、築地真也、SLIPTによる細胞内分子操作 (2):汎用的ループ改変タグの開発、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 ags: 築地A01
  9. 吉井達之、吉川優、生田雅裕、築地真也、人工オルガネラによる細胞内分子操作 (1):タンパク質トラップによるシグナル不活性化、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  10. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工オルガネラによる細胞内分子操作 (2):タンパク質リリースによるシグナル活性化、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  11. Akinobu Nakamura, Rika Katahira, Tatsuyuki Yoshii, Shinya Tsukiji, Controlling molecules in cells by SLIPT (2): Chemical trapping of signaling molecules at endomembranes, 日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  12. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工メンブレンスオルガネラの構築と生体分子操作への展開、第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会、神戸国際会議場他、2019.6.24–26 Tags: 築地A01
  13. 吉井達之、吉川優、生田雅裕、築地真也、人工メンブレンスオルガネラによる細胞内タンパク質機能制御、第13回バイオ関連化学シンポジウム、東北大学青葉山東キャンパス、2019.9.4–6 Tags: 築地A01
  14. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、化合物によるタンパク質の隔離と放出が可能なシンセティックオルガネラの生細胞内構築、第92回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、2019.9.18–20 Tags: 築地A01
  15. 吉井達之、沖超二、中村彰伸、築地真也、化学的アプローチによるタンパク質局在の光操作、第92回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、2019.9.18–20 Tags: 築地A01
  16. 沖超二、吉井達之、築地真也、細胞機能の制御と解明のための新しい光化学遺伝学ツールの開発、第9回CSJ化学フェスタ、タワーホール船堀、2019.10.15–17 Tags: 築地A01
  17. Akinobu Nakamura, Choji Oki, Gembu Maryu, Tatsuyuki Yoshii, Michiyuki Matsuda, Kazuhiro Aoki, Shinya Tsukiji, Multiplexed chemical control of signaling pathways in living cells by orthogonal self-localizing ligand (SL)-induced protein translocation (SLIPT), 8th Annual Winter q-bio conference, Hilton Waikoloa Village (Hawaii, USA), 2020.2.18–21 Tags: 築地A01
  18. 吉川優、生田雅裕、波多野結香、吉井達之、築地真也、細胞内分子制御のための人工相分離タンパク質工学、日本化学会第100春季年会、東京理科大学野田キャンパス、2020.3.22–25 Tags: 築地A01
  19. 田原海、波多野結香、吉井達之、築地真也、改良型SNAP-tag局在移行システムの開発と応用、日本化学会第100春季年会、東京理科大学野田キャンパス、2020.3.22–25 Tags: 築地A01
  20. 鈴木祥央、生田雅裕、中村彰伸、吉井達之、築地真也、蛍光集積を指標とした動物細胞内タンパク質―薬剤相互作用検出、日本薬学会第140年会、国立京都国際会館他、 2020.3.25–28 Tags: 築地A01
  21. 田原海、波多野結香、吉井達之、築地真也、高効率なシグナル制御のための第二世代SNAP-SLIPTシステムの開発、日本薬学会第140年会、国立京都国際会館他、 2020.3.25–28 Tags: 築地A01
  22. 中村彰伸、沖超二、真流玄武、吉井達之、松田道行、青木一洋、築地真也、細胞膜局在性リガンドを用いた細胞内シグナル独立制御技術の開発、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  23. 鈴木祥央、吉井達之、青木一洋、築地真也、細胞内在性タンパク質の化学遺伝学操作、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  24. 吉川優、生田雅裕、波多野結香、吉井達之、築地真也、人工タンパク質クラスターによるシグナル分子の化学遺伝学操作、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  25. Hideki Nakamura, Synthetic biological approach to biomolecular condensates – “making” and “breaking” non-membrane-bound organelles in living cells, Laboratory of Systems Neuropharmacology Seminar, Kyoto University Graduate School of Medicine, JAPAN, 2020.1.29
    Tags: 浜地 A01

  26. Hao Zhu、Profiling of proteins under oxidative environments in cells and tissues by H2O2-responsive labeling, The 4th International Symposium of Kyoto Biomolecular Mass Spectrometry Society, Kyoto University, JAPAN, 2020.2.19
    Tags: 浜地 A01

  27. 渡邉 侑, 田村 朋則, 浜地 格, 蛍光色素修飾ナノボディを用いた神経伝達物質受容体のイメージング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  28. 河野 正晴, 上田 毅, 田村 朋則, 浜地 格,非システイン標的型不可逆阻害剤の開発, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  29. Kento OJIMA, Kazuki SHIRAIWA, Itaru HAMACHI, Shigeki KIYONAKA, Quantification of neuronal AMPA-type glutamate receptor dynamics by combining ligand-directed chemistry and IEDDA click reaction, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  30. 服部 善行, 窪田 亮, 浜地 格,液液相分離を示すペプチド型超分子の分子設計, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  31. 長尾 和俊, 窪田 亮, 田中 航, 浜地 格, 超分子ファイバーの核形成制御によって作り分けられるself-sorting構造, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  32. 白岩 和樹, 野中 洋, 清中 茂樹, 浜地 格, Ligand directed chemistry in living mouse brain (1): 小脳におけるグルタミン酸受容体の選択的ケミカルラベル, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  33. 野中 洋, 白岩 和樹, 浜地 格, Ligand directed chemistry in living mouse brain (2): 全脳でのグルタミン酸受容体のケミカルラベルと三次元イメージング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  34. 佐田 圭, 中村 圭佑, 窪田 亮, 濱地 格, 超分子・高分子複合ゲルの開発とその特性, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  35. Keisuke NAKAMURA, Ryo KUBOTA, Hajime SHIGEMITSU, Tomonobu MATSUZAKI, Saori MINAMI, KenjiKenji URAYAMA, ItaruHAMACHI, Protein responsive protein release of supramolecular / covalent polymer hydrogel composite, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  36. 美野 丈晴, 後藤 大輝, 田村 朋則, 坂本 清志, 浜地 格, ペプチド毒素アガトキシンを用いたCa2+チャネルのlive brainラベリング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  37. Vikram THIMARADKA, Tomonori TAMURA, Itaru HAMACHI, Lysine-targeting covalent modification of His-tag fused membrane proteins in live cell, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  38. 鳥越 祥吾, 窪田 亮, 羽木 慎一郎, 池田 燎亮, 浜地 格, 高分子型リガンド指向性化学による腫瘍内でのin vivoケミカルラベル, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  39. Mikiko TAKATO, Keiya SHIONO, Tomonori TAMURA, Itaru HAMACHI, A photoactivatable proximity labeling method for characterizing the DNA-proximal proteome, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  40. 坂本 清志, 原田 文峰, 清中 茂樹, 野中 洋, 浜地 格,リガンド指向性化学による内存性GABA(A)受容体の選択的ケミカルラベリング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  41. 大塚洋一, ピコリットル液体を活用した生体組織切片の質量分析イメージング, 第67回応用物理学会春期学術講演会, 上智大学四谷キャンパス, 2020.3.14
    Tags: 大塚 A03
  42. 竹内 彩, 大塚 洋一, 上堀内 武尉, 宮下 正弘, 松本 卓也, タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法 (t-SPESI)を用いたペプチド迅速誘導体化反応, 第67回応用物理学会春期学術講演会, 上智大学四谷キャンパス, 2020.3.15
    Tags: 大塚 A03
  43. 上堀内 武尉, 大塚 洋一, 竹内 彩, 松本 卓也, ピコリットル液体のフォースカーブ計測による脂質膜の力学特性, 第67回応用物理学会春期学術講演会, 上智大学四谷キャンパス, 2020.3.15
    Tags: 大塚 A03
  44. 竹内 彩, 大塚 洋一, 上堀内 武尉, 宮下 正弘, 松本 卓也, タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)を用いたペプチド迅速誘導体化反応の検討, 日本化学会第100回春期年会, 東京理科大学野田キャンパス, 2020.3.22
    Tags: 大塚 A03
  45. 大塚 洋一, 上堀内 武尉, 竹内 彩, 新間 秀一, 宮脇 大, 木岡 秀隆, 大谷 朋仁, 坂田 泰史, 松本 卓也, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用いた生体組織の分子夾雑情報の可視化, 日本化学会第100回春期年会, 東京理科大学野田キャンパス, 2020.3.22
    Tags: 大塚 A03
  46. 大塚 洋一, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法によるヒト心臓組織の局在性脂質イメージング, 第81回応用物理学会秋期学術講演会, オンライン, 2020.9.10
    Tags: 大塚 A03
  47. 大塚洋一, ピコリットル液体を活用した細胞・組織の質量分析イメージング, 第81回応用物理学会秋期学術講演会, オンライン, 2020.9.9
    Tags: 大塚 A03
  48. Yoichi Otsuka, Bui Kamihoriuchi, Aya Takeuchi, Futoshi Iwata, Sara Tortorella, Takuya Matsumoto, High spatial resolution multimodal imaging by tapping-mode scanning probe electrospray ionization, 24 hours of international mass spectrometry imaging, online, 2020.11.19
    Tags: 大塚 A03
  49. 長谷川 哲, 大塚 洋一, 上堀内 武尉, 糸井 祐人, 寺田 光, 松本 卓也, リン脂質添加ナノ液架橋の破断過程のフォースカーブ/マススペクトル同時計測, 2020年日本表面真空学会学術講演会, オンライン, 2020.11.20
    Tags: 大塚 A03
  50. 糸井 祐人, 大塚 洋一, 竹内 彩, 宮下 正弘, 松本 卓也, ピコリットル固液界面場を用いたペプチドのオンサイト誘導体化質量分析法, 2020年日本表面真空学会学術講演会, オンライン, 2020.11.20
    Tags: 大塚 A03
  51. 寺田 光, 大塚 洋一, 加地 範匡, 松本 卓也, タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法を用いた1細胞質量分析イメージング, 2020年日本表面真空学会学術講演会, オンライン, 2020.11.20
    Tags: 大塚 A03
  52. Ryou Kubota, Hajime Shigemitsu, Wataru Tanaka, Takahiro Fujisaku, Itaru Hamachi, Adaptive Self-sorted Supramolecular Double-network Hydrogels., Virtual Symposium Systems Chemistry, 2020.5.18-20.
    Tags: 浜地 A01
  53. Tamura Tomonori, Ueda Tsuyoshi, Kawano Masaharu, Shiono Keiya, Hobor Fruzsina, Wilson Andrew, Hamachi Itaru, Enhanced suppression of the HDM2/p53 interaction in cells using small-molecule covalent inhibitors based on N-acyl-N-alkyl sulfonamide warhead, EMBL Workshop Chemical Biology 2020 (オンライン), 2020.9.3.
    Tags: 浜地 A01
  54. 中村 圭佑, 窪田 亮, 佐田 圭, 青山 拓磨, 浦山 健治, 浜地 格, 超分子・高分子複合ゲル: 共焦点観察によるネットワーク構造の分類とレオロジー特性, 第69回高分子討論会 (オンライン), 2020.9.16-18.
    Tags: 浜地 A01

  55. 長尾 和俊, 窪田 亮, 田中 航, 青山 拓磨, 浦山 健治, 浜地 格, 超分子ファイバーの核形成制御によるSelf-sorting構造の作り分け, 第69回高分子討論会 (オンライン) , 2020.9.16-18.
    Tags: 浜地 A01

  56. 中村浩之、細胞内タンパク質-タンパク質相互作用解析を可能とする光ラベル化技術の開発、分子夾雑の生命化学 第3回オンラインセミナー、2020.8.29
    Tags:中村 A01
  57. 佐藤伸一、増澤樹、大吉崇文、丹羽達也、田口英樹、中村浩之、ペルオキシダーゼ活性の変化と近接標識を利用したグアニン四重鎖結合タンパク質の選択的化学修飾、第14回バイオ関連化学シンポジウム2020、2020.9.7-8
    Tags:中村 A01
  58. 對馬理彦,佐藤伸⼀,中村浩之、タンパク質-タンパク質相互作⽤の解析を志向した細胞内触媒近接ラベル化の開発、第64回日本薬学会関東支部大会、2020.9.19
    Tags:中村 A01
  59. 對馬理彦、Yijin Wen, 津賀雄輝、金森功吏、湯浅英哉、中村浩之、リガンド連結型有機光触媒を用いた標的タンパク質の酸化的不活性化と抗腫瘍活性、LASER WEEK IN KOCHI(オンライン)若手AWARD受賞
    2020.10.9-10
    Tags:中村 A01
  60. Aaron Li Hsin Chang, Michihiko Tsushima, Hiroyuki Nakamura、Photocatalytic proximity labelling of ligand-binding proteins utilizing single-electron transfer mediate radical reaction、日本化学会第101春季年会(オンライン)2021.3.19-22
    Tags:中村 A01
  61. 對馬理彦、佐藤伸一、中村浩之、細胞内微小空間で起こるタンパク質間相互作用の解析を可能にする光触媒近接タンパク質ラベル化法の開発、日本化学会第101春季年会(オンライン)2021.3.19-22
    Tags:中村 A01
  62. 小林利沙子, 稲葉 央, 松浦 和則, 蛍光相関分光による分子クラウディング環境下での人工ウイルスキャプシド形成の解析, 日本化学会第101春季年会(オンライン), 2021.3.19-22 
    Tags:松浦 A02
  63. 矢野智美, 小林利沙子, 稲葉央, 松浦和則, クリックケミストリーにより合成した蛍光ラベル人工ウイルスキャプシド形成の蛍光相関分光解析, 第70回高分子学会年次大会(オンライン), 2021.5.26-28
    Tags:松浦 A02
  64. 美野 丈晴, Luisa Kraus, 坂本 清志, 野中 洋, 浜地 格, 内在性mGlu1受容体のマウス脳内固定化駆動ケミカルラベリング, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  65. 坂本 清志, 原田 文雄, 清中 茂樹, 野中 洋, 浜地 格, 内存性GABA(A) 受容体のマウス脳内固定化駆動ケミカルラベリング, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  66. 野中 洋, 美野 丈晴, 坂本 清志, 天池 一真, 清中 茂樹, 浜地 格, 内在性AMPA受容体のマウス脳内固定化駆動ケミカルラベリング, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  67. Wataru Tanaka, Ryou Kybota, Itaru Hamachi, Photo-induced spatial control of out-of-equilibrium network pattern of peptide nanofibers in a supramolecular double network hydrogel, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  68. 長尾 和俊, 窪田 亮, 田中 航, 松村 亮太朗, 青山 拓磨, 浦山 健治, 浜地 格, 動的共有結合を用いた超分子Self-sortingネットワークの構造制御, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  69. Vikram Thimaradka, Jae Hoon Oh, Christina Heroven, Radu Aricescu, Michisuke Yuzaki, Tomonori Tamura, Itaru Hamachi, A new reactive peptide tag-probe pair for the site-specific incorporation of designer chemical probes into proteins, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  70. Keisuke Nakamura, Ryou Kubota, Kei Sada, Takuma Aoyama, Kenji Urayama, Itaru Hamachi, Multiscale imaging reveals four distinct hierarchical networks in supramolecular/polymer hydrogel composites, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  71. Kento Ojima,Kyohei Soga, Itaru Hamachi, Shigeki Kiyonaka, Ligand-directed two-step labeling to quantify AMPA-type glutamate receptor trafficking, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  72. 河野 正晴, 上田 毅, 田村 朋則, 塩野 恵也, Fruzsina Hobor, Andrew Wilson, 浜地 格, NASA型HDM2-p53タンパク質間相互作用不可逆阻害(1) :精製HDM2を用いた構造活性相関, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  73. 田村 朋則, 上田 毅, 河野 正晴, 塩野 恵也, Fruzsina Hobor, Andrew Wilson, 浜地 格, NASA型HDM2-p53タンパク質間相互作用不可逆阻害剤(2):細胞内HDM2に対する反応性評価, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  74. 朱 浩, 田村 朋則, 浜地 格, H2O2応答性タンパク質修飾剤による酸化環境プロテオームのイメージングとプロファイリング, 第74回日本酸化ストレス学会・第21回日本NO学会合同学術集会(オンライン)2021.5.19–20
    Tags: 浜地 A01

  75. 土谷 正樹, 浜地 格, クリックケミストリーを駆使したフローサイトメトリー(click-FC)による生細胞内での脂質代 謝動態の高速解析:脂質制御遺伝子の探索に向けた CRISPR スクリーニングへの応用, 第63回 日本脂質生化学会(オンライン)2021.6.9
    Tags: 浜地 A01

  76. 小島 憲人, 三浦 裕太, 浜地 格, 清中 茂樹, 配位ケモジェネティクスによるグルタミン酸受容体の活性制御, ケミカルバイオロジー学会 第15回年会(オンライン)2021.6.21
    Tags: 浜地 A01

  77. Ryou Kubota, Masahiro Makuta, Ryo Suzuki, Masatoshi Ichikawa, Motomu Tanaka, Itaru Hamachi, Force generation by a propagating wave of artificial tripeptide-based fibrous assemblies, International symposium of macrocyclic and supramolecular chemistry 2021 (on line / U.S.A.) 2021.7.12–13
    Tags: 浜地 A01

  78. 窪田 亮, 中村 圭佑, 田中 航, 佐田 圭, 浜地 格, 超分子ダブルネットワークヒドロゲルにおける光駆動非平衡パターニング, 第70回高分子討論会(オンライン)2021.9.7
    Tags: 浜地 A01

  79. 中村 圭佑, 田中 航, 佐田 圭, 窪田 亮, 浜地 格, Self-sorting型超分子ゲルにおける光駆動非平衡パターン形成, 第15回バイオ関連化学シンポジウム(オンライン)2021.9.9
    Tags: 浜地 A01

  80. 小島 憲人, 掛川 渉, 伊藤 政之, 柚崎 通介, 浜地 格, 清中 茂樹, 記憶メカニズム解明に向けた配位ケモジェネティクスによる代謝型グルタミン酸受容体の直接活性化, 第15回バイオ関連化学シンポジウム(オンライン)2021.9.9
    Tags: 浜地 A01

  81. Tomonori Tamura, Tsuyoshi Ueda, Masaharu Kawano, Keiya Shiono, Fruzsina Hobor, Andrew J. Wilson, Itaru Hamachi, Enhanced Suppression of a Protein-Protein Interaction in Cells Using Small-Molecule Covalent Inhibitors Based on an N-Acyl-N-alkyl Sulfonamide Warhead, AIMECS2021 (on line / JAPAN) 2021.12.2
    Tags: 浜地 A01

  82. 土谷 正樹, オルガネラ選択的な脂質の蛍光ラベル化による脂質動態観察と遺伝子スクリーニング, 第7回日本筋学会学術集会(京都大学 百周年時計台記念館)2021.11.16
    Tags: 浜地 A01

  83. 有馬彰秀, 筒井真楠, 吉田剛, 横田一道, 立松健司, 山﨑智子, 黒田俊一, 谷口正輝, 鷲尾隆, 川合知二, 馬場嘉信
    ナノバイオデバイスを用いた単一生体粒子検出, 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 研究会 「時代を切り拓く有機分子・バイオエレクトロニクス研究」(応用物理学会M&BE研究会)
    オンライン開催, 2021.6.24
    Tags: 馬場 A03
  84. 藤野慶子, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 長島一樹, 柳田剛, 加地範匡, 馬場嘉信, 生物/非生物粒子の網羅的センシングとAI波形解析に基づく粒子分類, 第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (オンライン), 2021.10.31
    Tags: 馬場 A03
  85. 藤野慶子, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 長島一樹, 柳田剛, 加地範匡 and 馬場嘉信, マイクロポアによる生物/非生物粒子の網羅的センシングと粒子識別, 第41 回キャピラリー電気泳動シンポジウム (SCE2021), 九州大学西新プラザ, 2021/12/9
    Tags: 馬場 A03
  86. 藤野慶子, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 長島一樹, 柳田剛, 加地範匡 and 馬場嘉信, 界面活性とマイクロポアを利用した微粒子センシング, 第81回分析化学討論会 (オンライン) 2021.5.23
    Tags: 馬場 A03
  87. 嶋田泰佑, 安井隆雄, 井上健太郎, 吉川碧海, 山崎聖司, 西野邦彦 and 馬場嘉信, マイクロポアによる単一細菌センシングと薬剤耐性の識別, 第41 回キャピラリー電気泳動シンポジウム (SCE2021), 九州大学西新プラザ, 2021.12.9
    Tags: 馬場 A03
  88. 吉川碧海, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 長島一樹, 山崎聖司, 西野邦彦, 柳田剛 and 馬場嘉信, 抗菌薬刺激と単一細菌検出による薬剤耐性の識別, 令和3年度 E部門総合研究会 (オンライン) 2021.7.27
    Tags: 馬場 A03
  89. 吉川碧海, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 長島一樹, 山崎聖司, 西野邦彦, 柳田剛 and 馬場嘉信, 抗菌薬刺激細菌の単一センシングによる電気的耐性識別, 日本分析化学会第70年会(オンライン) 2021.9.24
    Tags: 馬場 A03
  90. 吉川優、澤田隼佑、中津史、築地真也、生細胞内メンブレンコンタクトの化学的制御法の開発、日本化学会第101春季年会、オンライン、2021.3.22 Tags: 築地A01
  91. 鈴木祥央、吉井達之、青木一洋、築地真也、細胞内在性タンパク質を化合物および光で操作する基盤技術の開発、第85回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム、オンライン、2021.5.22
    Tags: 築地A01
  92. 田原海、中村彰伸、市橋祐樹、浦野泰照、小松徹、築地真也、合成化合物の細胞内分解:酵素同定と一般性評価、第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、オンライン、2021.10.30
    Tags: 築地A01
  93. 筒井啓太、吉川優、松浦友亮、築地真也、人工細胞内での分子局在制御と展開、第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、オンライン、2021.10.30
    Tags: 築地A01
  94. 吉川優、阿喰萌香、中津史、築地真也、脂質交換輸送を操作するメンブレンコンタクト誘導技術の開発、第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、オンライン、2021.10.30
    Tags: 築地A01
  95. 竹内妃奈、臼井拓也、後藤諒平、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、内田康雄:定量プロテオミクスによるヒト血液クモ膜関門における薬物輸送担体及び薬物代謝酵素の網羅的発現量解析、日本薬剤学会第35年会、2020年5月15日、熊本 (永井財団大学院学生スカラシップ採択)
    Tags: 内田A03
  96. 臼井拓也、竹内妃奈、平野誠巳、三城智人、後藤諒平、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、内田康雄:ヒト血液脳脊髄液関門を介した高分子輸送経路の網羅的探索: 脳室への薬物送達における葉酸受容体αの有用性、日本薬剤学会第35年会、2020年5月15日、熊本
    Tags: 内田A03
  97. Kenta Tezuka, Masayoshi Suzuki, Risa Sato, Shohei Kawarada, Tetsuya Terasaki and Yasuo Uchida「Central nervous system (CNS) barrier-targeting drug discovery as a new strategy for CNS disorder treatment: An example of multiple sclerosis」36th JSSX Annual meeting、オンライン、2021年11月18日
    Tags: 内田A03
  98. 手塚健太、内田康雄「中枢関門における創薬標的を探索するための方法論の構築」日本薬剤学会第36年会、オンライン、2021年5月13-15日
    Tags: 内田A03
  99. 鈴木諒良、田野光敏、高尾昌樹、内田康雄「アルツハイマー病患者の血液脳関門におけるグルコース・アミノ酸トランスポーターのタンパク質発現上昇」日本薬剤学会第36年会、オンライン、2021年5月13-15日
    Tags: 内田A03
  100. 平良怜雅、平野誠巳、池田千絵美、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、内田康雄「quantitative Global Absolute Proteomics (qGAP)法を用いたヒト脳毛細血管内皮細胞株(hCMEC/D3細胞)のヒト血液脳関門モデルとしての特性評価」日本薬剤学会第36年会、オンライン、2021年5月13-15日
    Tags: 内田A03
  101. 竹内妃奈、後藤諒平、Magdalena Luczak、臼井拓也、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、内田康雄「ヒト、ブタ血液クモ膜関門におけるタンパク質発現量解析及び輸送担体細胞膜局在の一斉解明」日本医用マススペクトル学会第46回年会、オンライン、2021年9月17-18日
    Tags: 内田A03
  102. 大塚洋一、新間秀一、木岡秀隆、大谷朋仁、坂田泰史、走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法による生体多次元化学分布情報計測、第69回日本質量分析学会総合討論会、オンライン、2021/5/20
    Tags: 大塚A03

  103. 糸井祐人、大塚洋一、宮下正弘、松本卓也、濃縮帯電液滴を用いたペプチドの誘導体化反応、第69回日本質量分析学会総合討論会、オンライン、2021/5/20
    Tags: 大塚A03

  104. 大塚 洋一、新間 秀一、宮脇 大、木岡 秀隆、大谷 朋仁、坂田 泰史、走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用いた拡張型心筋症組織の多次元化学分布情報、第82回応用物理学会秋期学術講演会、オンライン、2021/9/13
    Tags: 大塚A03

  105. 大塚洋一、新間秀一、木岡秀隆、大谷朋仁、坂田泰史、走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法による疾患組織の質量分析イメージング、日本分析化学会第70年会、オンライン、2021/9/22
    Tags: 大塚A03

  106. Mengze Sun, Yoichi Otsuka、Nijiho Ote, Shuichi Shimma, Michisato Toyoda, Capillary vibration dynamics in scanning probe electrospray ionization, 第69回応用物理学会春期学術講演会、オンライン、2022/3/26
    Tags: 大塚A03

  107. 鶴田 充生、小畠 一起、取井 猛流、川内 敬子、三好 大輔
    オリゴ核酸を用いた神経変性疾患関連の液液相分離現象の制御
    日本核酸医薬学会第6回年会
    オンライン 2021/6
    Tags:杉本A02

  108. 橋本佳樹、三好大輔
    細胞内核酸環境を模倣したグアニン四重らせん構造標的分子の新規スクリーニングシステム構築
    日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会
    オンライン 2021/6
    Tags:杉本A02

  109. Mitsuki Tsuruta, Takeru Torii, Kazuki Kohata, Keiko Kawauchi, Daisuke Miyoshi
    Droplet disassembly by G-quadruplex breakdown
    FIBER日本核酸化学会若手フォーラム
    オンライン 2021/8
    Tags:杉本A02

  110. Yoshiki Hashimoto, Daisuke Miyoshi
    A novel G-quadruplex-selective ligand screening system in the presence of excess DNA duplex
    FIBER日本核酸化学会若手フォーラム
    オンライン 2021/8
    Tags:杉本A02

  111. Nagisa Takamiya, Mituki Tsuruta, Yoshiki Hashimoto Keiko Kawauchi, Daisuke Miyoshi
    Regulation of liquid-liquid phase separation by small molecules targeting RNA G-quadruplex
    FIBER日本核酸化学会若手フォーラム
    オンライン 2021/8
    Tags:杉本A02

  112. 鶴田 充生、三好 大輔
    核酸の液液相分離現象に及ぼすエピジェネティック修飾効果の検討
    第15回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2021/9
    Tags:杉本A02

  113. 小路 諭・鶴田 充生・川内 敬子・三好 大輔
    G4形成がん関連mRNAの液液相分離現象
    第11回CSJ化学フェスタ(2021)
    オンライン 2021/10
    Tags:杉本A02

  114. 高宮 渚・鶴田 充生・橋本 佳樹・川内 敬子・三好 大輔
    RNAG4を標的とした小分子によるLLPSの制御
    第11回CSJ化学フェスタ(2021)
    オンライン 2021/10
    Tags:杉本A02

  115. Daisuke Miyoshi, Mitsuki Tsuruta,Kazuki Kohata, wataru sugimoto, Takeru Torii, Dr Hisae Tateishi-Karimata, Naoki Sugimoto, Keiko Kawauchi
    Liquid-liquid phase separation of G-quadruplexes derived from neurodegenerative disease RNAsPacifichem2021
    オンライン 2021/12
    Tags:杉本A02

  116. Yoshiki Hashimoto, Yoshiki Imagawa, Nagisa Takamiya, Keiko Kawauchi, Naoki Sugimoto, Daisuke Miyoshi
    Development of a novel G4 ligand screening system with G4-specific fluorescent probe Pacifichem2021
    オンライン 2021/12
    Tags:杉本A02

  117. Mitsuki Tsuruta, Kazuki Kohata, Takeru Torii, wataru sugimoto, Keiko Kawauchi, Daisuke Miyoshi
    Liquid-liquid phase separation of RNA G-quadruplex promoted by RGG peptide
    Pacifichem2021
    オンライン 2021/12
    Tags:杉本A02

  118. 鶴田 充生、取井 猛流、小畠 一起、川内 敬子、三好 大輔
    オリゴ核酸とオリゴペプチドによる液液相分離現象の制御
    先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会(2021年度文部科学省新学術領域研究 学術支援基盤形成)琵琶湖ホテル、滋賀 2022/2
    Tags:杉本A02

  119. 橋本佳樹、取井 猛流、藤田ひな、川内 敬子、三好 大輔
    グアニン四重らせん構造選択的な化合物スクリーニングおよび化合物の開発
    先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会(2021年度文部科学省新学術領域研究 学術支援基盤形成)琵琶湖ホテル、滋賀 2022/2
    Tags:杉本A02

  120. 鶴田 充生、取井 猛流、小畠 一起、川内 敬子、建石 寿枝、杉本 直己、三好 大輔
    核酸二次構造を標的としたドロップレットの分解
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:杉本A02

  121. 小路 諭、赤松 由御、鶴田 充生、川内 敬子、三好 大輔
    G4形成がん関連mRNAの液液相分離現象
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン  2022/3
    Tags:杉本A02

  122. 橋本 佳樹、取井 猛流、藤田 ひな、川内 敬子、三好 大輔
    グアニン四重らせん構造選択的化合物の開発に向けたスクリーニングシステムの構築
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:杉本A02

  123. 高宮 渚、鶴田 充生、川内 敬子、三好 大輔
    生物学的液液相分離現象に対するジオール類の阻害メカニズムの解明
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:杉本A02

  124. 中田 実紀、三好 大輔
    グアニン四重らせん構造のフォールディング機構の速度論的解析
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:杉本A02

  125. 矢野 智美、稲葉 央、長尾 匡憲、三浦 佳子、松浦 和則
    シアリルラクトースを表面修飾した人工ウイルスキャプシドの創製
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:松浦A02
  126. 宮田 健伸・古川 寛人・稲葉 央・中村 圭吾・澤田 晋一・佐々木 善浩・秋吉 一成・松浦 和則
    ヘマグルチニンを搭載したエンベロープ型人工ウイルスレプリカの創製
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:松浦A02
  127. 古川寛人・稲葉央,・佐々木善浩,・秋吉一成・松浦和則
    コネキシン搭載エンベロープ型ウイルスレプリカを用いたリポソーム・細胞への分子輸送
    日本化学会第102春季年会2022
    オンライン 2022/3
    Tags:松浦A02
  128. 梁応 冰・太田純平・稲葉央・松浦和則
    再構成リボヌクレアーゼS修飾人工ウイルスキャプシドの構築と抗がん活性
    第70回高分子討論会
    オンライン 2021/9
    Tags:松浦A02
  129. 古川寛人・中村圭吾・稲葉央・佐々木善浩・澤田晋一・松浦和則
    エンベロープ型ウイルスを模倣した膜タンパク質搭載人工ウイルスキャプシドの創製
    第70回高分子討論会
    オンライン 2021/9
    Tags:松浦A02
  130. 内山晃輔・稲葉央・古川寛人・松浦和則
    細胞標的性DNA アプタマー修飾人工ウイルスキャプシドの構築
    第15回バイオ関連化シンポジウム
    オンライン 2021/9
    Tags:松浦A02
  131. 矢野智美・小林利沙子・稲葉央・松浦和則
    分子夾雑環境下での表面BODIPYラベル人工ウイルスキャプシド形成の蛍光相関分光解析
    第15回バイオ関連化シンポジウム
    オンライン 2021/9
    Tags:松浦A02
  132. 古川寛人・稲葉央・佐々木善浩・松浦和則
    膜融合によるエンベロープ型人工ウイルスキャプシドの細胞内侵入
    第15回バイオ関連化シンポジウム
    オンライン 2021/9
    Tags:松浦A02
  133. 杉本渉, 豊田駿, 建石寿枝, 杉本直己, 岩根敦子, 三好大輔, 川内敬子
    リボソームRNAの転写阻害による核小体崩壊メカニズムの解明
    第42回日本分子生物学会年会
    福岡国際会議場
    2019年12月3日~6日
    Tags:杉本A02
  134. T. Endoh, N. Sugimoto
    Sequence Optimization to Conditionally Regulate Functional RNAs for Biotechnological Applications
    13th Anniversary International Symposium on Nanomedicine (ISNM2019)
    Konan University (Port Island Campus), Kobe, Japan
    2019年12月4日~6日
    Tags:杉本A02
  135. K. Kohata, W. Sugimoto, K. Kawauchi, D. Miyoshi, N. Sugimoto
    Liquid – Liquid Phase Separation Induced by RNA G-Quadruplexes and Cationic Peptides
    13th Anniversary International Symposium on Nanomedicine (ISNM2019)
    Konan University (Port Island Campus), Kobe, Japan
    2019年12月4日~6日
    Tags:杉本A02
  136. 建石寿枝, 杉本直己
    分子夾雑環境に応答したDNAの構造変化が遺伝子発現機構に及ぼす影響を定量的に解析する
    新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回関西地区シンポジウム, 第1回 CIBIC ワークショップ
    京都大学桂キャンパス
    2019年12月17日
    Tags:杉本A02
  137. S. Ghosh, S. Takahashi, T. Ohyama, T. Endoh, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(57): Parameters for prediction of DNA duplex stabilities under the crowding conditions
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  138. S. Matsumoto, H. Tateishi-Karimata, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(58): The effect of molecular crowding on the stability of RNA G-quadruplexes with various number of quartets and loops
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  139. D.Banerjee, H.Tateishi-Karimata, T. Ohyama, M.Trajkovski, M.Toplishek, S.Takahashi, T. Endoh, J.Plavec, N.Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(59): Prediction method for the stability of RNA/DNA hybrid duplex under a physiological condition
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  140. T. Endoh, S. Satpathi, N. Sugimoto, Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(60): Interaction analyses between natural alkaloids and RNAs with different structure motifs
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  141. S. Satpathi, T. Endoh, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(61): Effect of Neighboring Base Pairs of Cytosine Bulge on Berberine Induced RNA Stabilization
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  142. S. Takahashi, S. Bhowmik, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(62): Transformation of selective i-motif DNAs induced by flavonoid
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  143. 大山達也, 建石寿枝, 田中成典, 杉本直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学(63):分子シュミレーションによるGGGGCCリピートのRNA四重鎖とジペプチドリピートの集積メカニズムの解析
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  144. H. Tateishi-Karimata, K. Kawauchi, T. Ohyama, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(64): Effects of malignant alteration in cancer cells on the DNA structures and transcript mutations
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  145. N. Sugimoto
    Chemistry of non-double helix nucleic acids in molecular crowding
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  146. 鶴田充生, 杉谷優衣, 三好大輔, 杉本直己
    DNA二重鎖の熱力学的安定性に対するシトシンのメチル化と分子夾雑環境の共同効果
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  147. 橋本佳樹, 高宮渚, 明石知子, 三好大輔, 杉本直己
    DNA四重らせん構造に対するリガンドスクリーニングにおけるカチオンの効果
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  148. 小畠一起, 杉本渉, 川内敬子, 三好大輔, 杉本直己
    短鎖G4 RNAとRGGペプチドの相互作用による液-液相分離現象
    日本化学会第100回春季年会
    東京理科大学 (野田キャンパス)
    2020年3月22日〜25日
    Tags:杉本A02
  149. 杉本渉, 豊田駿, 建石寿枝, 杉本直己, 岩根敦子,三好大輔, 川内敬子
    rRNA転写阻害による核小体崩壊メカニズムの解明
    第140回日本薬学会年会
    国立京都国際会場
    Tags:杉本A02
  150. 高橋俊太郎, B. Sudipta, 杉本直己
    フラボノイドによるi-motif DNAの配列選択的な構造変化
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  151. 建石寿枝, Y. Teng, 大山達也, 田中成典, 杉本直己
    神経変性疾患に関わるリピートRNAによる相分離機構の解析
    第14回バイオ関連化学シンポジウム,
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  152. 遠藤 玉樹, S. Saga, P. Peter, P. Janes, 杉本 直己
    バルジを含むRNA二重鎖と天然アルカロイドとの相互作用解析
    第14回バイオ関連化学シンポジウム,
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  153. 松本咲, 建石寿枝, 高橋俊太郎, 大山達也, 杉本直己
    異なるGカルテット数とループ長を有するRNAグアニン四重らせんの安定性への分子クラウディングの効果
    第14回バイオ関連化学シンポジウム,
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  154. G. Saptarshi, 高橋俊太郎, 大山達也, 遠藤玉樹, 建石寿枝, 杉本直己
    Stability prediction of DNA duplexes available under diverse molecular crowding conditions
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  155. B. Dipanwita, 建石寿枝, 大山達也, G. Saptarshi, 遠藤玉樹, 高橋俊太郎, 杉本直己
    Development of the prediction method for stability of RNA/DNA hybrids under a physiological condition
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  156. P. Chilka, 高橋俊太郎,杉本直己
    Empirical rule of i-motif stability regulated by different molecular crowding conditions
    第14回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2020年9月7日~8日
    Tags:杉本A02
  157. 高橋俊太郎, G. Saptarshi, 杉本直己
    局所的な細胞内環境における核酸構造の安定性を探る
    第69回高分子討論会,
    オンライン 2020年9月16日~18日
    Tags:杉本A02
  158. 高橋俊太郎, 杉本直己
    cMyc遺伝子のグアニン四重らせんに対する圧力効果とその生物学的意義
    第61回高圧討論会
    オンライン 2020年12月2日~4日
    Tags:杉本A02
  159. 遠藤玉樹 , S. Sagar, 大山達也, P. Peter, P. Janez, 杉本直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学(65): ベルベリンによるRNAバルジ構造の認識および安定化の微視的解析
    日本化学会第101回春季年会,
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  160. 高橋俊太郎, P . Herdwijn, 杉本直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学(66): 非天然DNAの複製反応に及ぼす分子クラウディングの影響
    日本化学会第101回春季年会,
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  161. 建石寿枝, 川内敬子, 大山達也, 杉本直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学(67)ː DNA四重らせん構造と転写変異に及ぼすがんの悪性進行に伴う細胞内環境変化の影響
    日本化学会第101回春季年会
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  162. 松本咲, 大山達也, 杉本 直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学(68): 老化における細胞内環境変化によるCpGアイランドのグアニン四重らせん構造のトポロジー制御
    日本化学会第101回春季年会
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  163. 大山達也, 建石寿枝, 田中成典, 杉本直己
    ワトソン・クリックの核酸化学(69): 神経変性疾患に関連するRNA四重鎖ジペプチドリピートの分子シミュレーションによる相互作用の解析
    日本化学会第101回春季年会
    オンライン開催 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  164. S. Ghosh, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond Watson-Crick Double Helix (70): Prediction of DNA duplex stability having biased base composition under molecular crowding conditions
    日本化学会第101回春季年会
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  165. P. Chilka, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Nucleic Acid Chemistry beyond Watson-Crick Double Helix (71): I-motif stability prediction under molecular crowding conditions
    日本化学会第101回春季年会,
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  166. D. Banerjee, H. Tateishi-Karimata, T. Ohyama, M. Trajkovski, M. Toplishek, J. Plavec, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (72): Prediction of RNA/DNA hybrid stability under a physiological condition and verification of advantage in CRISPR-Cas9
    日本化学会第101回春季年会
    オンライン 2021年3月19日~22日
    Tags:杉本A02
  167. 杉本直己
    細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築(4)
    分子夾雑の生命科学 第5回領域会議
    アクロス福岡
    オンライン 2021年4月15日~17日
    Tags:杉本A02
  168. 高橋俊太郎, 杉本直己
    Mg2+イオンによるグアニン四重鎖DNAの構造ダイナミクス制御
    第70回高分子討論会
    オンライン 2021年9月6日~8日
    Tags:杉本A02
  169. 高橋俊太郎, 建石寿枝, 佐藤しのぶ, 竹中繁織, J. Plavec, 杉本直己
    トポロジー依存的なリガンド結合でグアニン四重鎖のDNA複製を制御する
    第15回バイオ関連化学シンポジウム
    オンライン 2021年9月8日~10日
    Tags:杉本A02
  170. 建石寿枝, 大山達也, 田中成典, 杉本直己
    神経変性疾患に係るリピートRNAとペプチドの相互作用解析
    第15回バイオ関連化学シンポジウム,
    オンライン 2021年9月8日~10日
    Tags:杉本A02
  171. 遠藤玉樹, N. Brodyagin, D. Hnedzko, E. Rozners, 杉本直己
    非天然塩基含有PNAによる三重らせん構造を介したmiRNAの成熟阻害
    第15回バイオ関連化学シンポジウム,
    オンライン 2021年9月8日~10日
    Tags:杉本A02
  172. 高橋俊太郎, 松本咲, 杉本直己
    高圧力を用いたRNAグアニン四重らせん構造の水和特性の解析
    第62回高圧討論会
    オンライン 2021年10月18日~20日
    Tags:杉本A02
  173. S. Ghosh, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Hydration parameters in nearest-neighbor model enables stability prediction for compositionally biased DNA duplexes in molecular crowding conditions
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  174. P. Chilka, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Application of nearest-neighbor model to the stability prediction of i-motif DNAs
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  175. T. Ohyama, H. Tateishi-Karimata, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Changes in the atomic-level behavior of G-quadruplex under high pressure conditions
    第48回国際核酸化学シンポジウム
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  176. S. Satpathi, T. Endoh, Y. Chen, S. Matsumoto, T. Ohyama, P. Podbevšek, J. Plavec, K. Onizuka, F. Nagatsugi, N. Sugimoto
    Structure-based derivatization of berberine to improve its RNA binding affinity
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  177. H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto
    G-quadruplex formation in cancer cells with different expression level of ion channels
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  178. T. Endoh, N. Brodyagin, D. Hnedzko, E. Rozners, N. Sugimoto, Triplex-forming peptide nucleic acid inhibits maturation of endogenous miRNA
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  179. S. Takahashi, A. Kotar, H. Tateishi-Karimata, S. Bhowmik,Zi-Fu Wang, Ta-Chau Chang, S. Sato, S. Takenaka, J. Plavec, N. Sugimoto
    Chemical modulation of DNA replication by topology- dependent ligand binding on guanine quadruplexes
    第48回国際核酸化学シンポジウム,
    オンライン 2021年11月10日~12日
    Tags:杉本A02
  180. S. Satpathi, T. Endoh, Y. Chen, S. Matsumoto, T. Ohyama, P. Podbevšek, J. Plavec, K. Onizuka, F. Nagatsugi, N. Sugimoto
    Structure-based derivatization of berberine to improve the potency for targeting RNA structures
    第21回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    東北大学片平さくらホール&Zoomミーティング 2021年12月9日~10日
    Tags:杉本A02
  181. S. Matsumoto, H. Tateishi-Karimata, O. Tatsuya, N. Sugimoto
    Effect of DNA modifications on the changes of DNA structure in CpG islands
    International Conference on Chemical and Environmental Sciences 2021 (ICCAES 2021)
    オンライン 2021年12月17~19日
    Tags:杉本A02
  182. 大山 達也・高橋 俊太郎・建石 寿枝・田中 成典・杉本 直己
    脱ワトソン・クリックの核酸化学 (77):高圧環境がDNA非二重らせん構造に与える影響
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  183. S. Ghosh, S. Takahashi, T. Ohyama, T. Endoh, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (80) : Validation of the nearest-neighbor model for Watson-Crick RNA duplexes under molecular crowding condition
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  184. P. Chilka, S. Takahashi, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (79) : Application of the nearest-neighbor model for the stability prediction of intramolecular i-motif DNAs
    日本化学会第102回春季年会,
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  185. S. Satpathi, T. Endoh, Y. Chen, S. Matsumoto, T. Ohyama, P. Podbevšek, J. Plavec, K. Onizuka, F. Nagatsugi, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (76) : Structure-based Derivatization of Berberine to Improve the Potency for Targeting RNA Structures
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  186. H. Tateishi-Karimata, K. Kawauchi, T. Ohyama, H. Masaki, A. Natsume, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (73):Effect of G-quadruplex stability change on transcriptional repression in cancer cells
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  187. S. Matsumoto, H. Tateishi-Karimata, T. Ohyama, N. Sugimoto, Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (74): Effect of DNA modifications on the transition between canonical and non-canonical DNA structures in CpG island
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  188. S. Satpathi, T. Endoh, Yutong Chen, S. Matsumoto, T. Ohyama, P. Podbevšek, J. Plavec, K. Onizuka, F. Nagatsugi, N. Sugimoto, Structure-based Derivatization of Berberine to Improve the Potency for Targeting RNA Structures
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  189. T. Endoh, Jia-Heng Tan, Shuo-Bin Chen, N. Sugimoto
    Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (75): Development of RNA-ligand pairs for multicolor RNA imaging in cells
    日本化学会第102回春季年会
    オンライン 2022年3月23日~26日
    Tags:杉本A02
  190. 毛利一成、岡田康志  走査型共焦点顕微鏡を用いたFCS法によるストレス顆粒内外の分子動態観察127回日本解剖学会総会・全国学術集会(オンライン)2022/3/27-29
    Tags: 毛利A02

  191. 毛利一成、岡田康志,  FCSによる相分離液滴内外の分子動態観察
    73回日本細胞生物学会大会(オンライン)2021/6/29-7/2
    Tags: 毛利A02

一般講演3