分子夾雑の生命化学

menu

一般講演3

  1. 建石寿枝, Ye Teng, 大山達也, 田中成典, 杉本直己, 神経変性疾患に関与するRNA/ペプチドによるPhase separationの機構解析, 第2回LLPS(液液相分離)研究会, 産業技術総合研究所・臨海センター別館, 2019.4.3 Tags: 杉本A02
  2. 杉本直己, 細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築, 分子夾雑の生命科学 第3回領域会議, アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ, 2019.5.20~22
    Tags: 杉本A02
  3. 明石知子, 夾雑環境下でのネイティブ質量分析, 第19回日本蛋白質科学会年会, 神戸国際会議場, 2019.6.24~26
    Tags: 明石A02
  4. 大塚洋一, 上堀内武尉, 竹内彩, 岩田太, 松本卓也, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のサンプリングイオン化過程, 第67回質量分析総合討論会, つくば国際会議場, 2019.5.17
    Tags: 大塚A03
  5. 佐々木颯, 内田康雄, 立川正憲, 寺崎哲也:Pressure Cycling Technologyを用いたホルマリン固定パラフィン包埋切片プロテオミクス定量系の薬物関連タンパク質への応用、第40回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2018年10月18-19日、仙台
    Tags: 内田A03
  6. 佐藤 和貴, 立川 正憲, 渡部 通寿, 内田 康雄, 寺崎 哲也:網羅的定量プロテオミクスを基盤とする末梢臓器由来in vivo血液脳関門透過型タンパク質の同定、平成30年度日本薬学会東北支部主催、第17回生物化学若手研究者セミナー、「次世代を担う薬学研究者の集い」、2018年7月13日、東北大学
    Tags: 内田A03

  7. 黒田広樹, 立川正憲, 八木悠太, 内田康雄, 寺崎哲也:Sulfo-SBED/SWATHプロテオミクスを用いたヒト血液脳関門モデルhCMEC/D3細胞におけるエクソソーム受容体の同定、第40回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2018年10月18-19日、仙台
    Tags: 内田A03

  8. 佐藤和貴, 立川正憲, 渡部通寿, 内田康雄, 寺崎哲也:網羅的定量プロテオミクスに基づく肝臓可溶性タンパク質のin vivo血液脳関門透過性の解明、第40回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2018年10月18-19日、仙台
    Tags: 内田A03

  9. 矢口優佳、立川正憲、内田康雄、寺崎哲也:血液クモ膜関門を介した脳脊髄液中α-synuclein排出輸送機構の解明、第40回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2018年10月18-19日、仙台
    Tags: 内田A03

  10. K Sato, M Tachikawa, M Watanabe, Y Uchida, T Terasaki, In Vivo Screening of Peripheral Tissues-Derived Blood-Brain Barrier Permeable Endogenous Proteins by Quantitative Comprehensive SWATH Proteomics, 2018 Gordon Research Conference on Barriers of the CNS, June 17 to 22, 2018, New London, NH, USA
    Tags: 内田A03
  11. K Sato, L Hellinen, M Tachikawa, M Reinisalo, Y Uchida, H Kidron, A Urtti, T Terasaki, Quantitative proteomics-based characterization of apical and basolateral membrane protein localization in human retinal pigmental epithelial cells, The Globalization of Pharmaceutics Education Network (GPEN) 2018, September 28, 2018, Singapore
    Tags: 内田A03
  12. H Sasaki, Y Uchida, M Tachikawa, T Terasaki, Usefulness of Pressure Cycling Technology-assisted sample process for accurate and comprehensive quantitative proteomics using FFPE section; application for ADME-related proteins, 第33回日本薬物動態学会・MDO国際合同年会, Oct 1-5, 2018, Kanazawa
    Tags: 内田A03
  13. 笠森なな、内田康雄、寺崎哲也:網羅的かつ高精度なトランスポーター基質探索に向けたカクテル輸送実験におけるSWATH一斉定量法の評価、日本薬剤学会第34年会、2019年5月17日、富山国際会議場
    Tags: 内田A03
  14. 川原田翔平、内田康雄、玉井翔、中田光俊、寺崎哲也:網羅的定量プロテオミクスSWATH法を用いた神経膠芽腫における初発と再発腫瘍組織のタンパク質発現解析、日本薬剤学会第34年会、2019年5月16日、富山国際会議場
    Tags: 内田A03
  15. 樋口友也、内田康雄、加賀美智史、城田松之、三枝大輔、小柴生造、栗山進一、菅原準一、寺崎哲也. 次世代型プロテオミクスによる妊娠高血圧腎症の診断マーカーの同定. 第58回日本薬学会東北支部大会、2019年10月20日、東北大学
    Tags: 内田A03
  16. 竹内妃奈、内田康雄、後藤諒平、Magdalena Luczak、臼井拓也、寺崎哲也、ブタ血液クモ膜関門におけるトランスポーター13分子の局在一斉解明、第58回日本薬学会東北支部大会、2019年10月20日、東北大学
    Tags: 内田A03
  17. 佐藤理沙、内田康雄、大森広太郎、梅津美奈、Gerald Grant、Brenda Porter、Anthony Bet、立川正憲、臼井拓也、寺崎哲也、薬剤耐性型てんかん患者の血液脳関門で薬物代謝酵素が発現上昇する、第58回日本薬学会東北支部大会、2019年10月20日、東北大学
    Tags: 内田A03
  18. 後藤諒平、内田康雄、竹内妃奈、Magdalena Luczak、臼井拓也、立川正憲、寺崎哲也、脈絡叢と脳軟髄膜の標的プロテオミクス解析:ブタ1 頭あたりの脈絡叢と脳軟髄膜におけるトランスポータータンパク質の発現量解析と膜タンパク質の膜局在の網羅的解明、第41回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2019年10月18~19日、東邦大学習志野キャンパス(口頭発表部門で優秀発表賞を受賞)
    Tags: 内田A03
  19. Hina Takeuchi, Yasuo Uchida, Ryohei Goto, Magdalena Luczak, Takuya Usui, Tetsuya Terasaki、OCT2 is expressed in CSF side of the porcine blood-arachnoid barrier, while MATE1 is in blood side: Application of qTAP to transporter localization、日本薬物動態学会第34回年会、2019年12月9~12日、つくば国際会議場
    Tags: 内田A03
  20. Risa Sato, Yasuo Uchida, Kotaro Omori, Mina Umetsu, Gerald Grant, Brenda Porter, Anthony Bet, Masanori Tachikawa, Takuya Usui and Tetsuya Terasaki、Anti-epileptic drug metabolizing enzymes are upregulated at the blood-brain barrier in pharmacoresistant childhood epilepsy: SWATH-based comprehensive quantitative proteomic study、日本薬物動態学会第34回年会、2019年12月9~12日、つくば国際会議場
    Tags: 内田A03
  21. 半田拓巳、内田康雄、佐々木颯、臼井拓也、寺崎哲也、Laser Microdissectionを用いたホルマリン固定パラフィン包埋切片の病変部位特異的なプロテオミクス定量系の確立:胆管結紮マウス肝臓のタンパク質発現量変動解析、日本薬学会 第140年会、2020年3月25~28日、国立京都国際会館
    Tags: 内田A03
  22. 竹内妃奈、内田康雄、後藤諒平、臼井拓也、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、定量プロテオミクスによるヒト血液クモ膜関門における薬物輸送担体及び薬物代謝酵素の発現量解析、日本薬学会 第140年会、2020年3月25~28日、国立京都国際会館
    Tags: 内田A03
  23. 臼井拓也、内田康雄、後藤諒平、三城智人、田野光敏、高尾昌樹、寺崎哲也、定量プロテオミクスを用いたヒト脈絡叢における膜タンパク質の網羅的発現解析、日本薬学会 第140年会、2020年3月25~28日、国立京都国際会館
    Tags: 内田A03
  24. 佐藤理沙、内田康雄、大森広太郎、梅津美奈、Gerald Grant、Brenda Porter、Anthony Bet、立川正憲、臼井拓也、寺崎哲也、SWATH定量プロテオミクスに基づくヒト小児てんかんの焦点部位における血液脳関門と脳実質組織の病態変動機構の網羅的解明:てんかん発作に対する血液脳関門の影響、日本薬学会 第140年会、2020年3月25~28日、国立京都国際会館
    Tags: 内田A03
  25. 田村 朋則, 三木 卓幸, 西川 雄貴, 浜地 格, コンディショナルプロテオミクスによる金属関連タンパク質群の同定 A conditional proteomics approach to identify metal-related proteins, 19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 (神戸国際会議場、神戸国際展示場), 2019.6.24-26
    Tags: 浜地 A01

  26. 髙遠 美貴子, 田村 朋則, 浜地 格, 光駆動型近傍ラベリング法の開発生体機能関連化学部会 若手の会 第31回サマースクール (セミナーハウス) , 2019.7.16-17
    Tags: 浜地 A01

  27. 美野 丈晴, 後藤 大輝, 田村 朋則, 坂本 清志, 浜地 格, 生物毒素由来アガトキシンを利用した電位依性Ca2+チャネルの可視化, 生体機能関連化学部会 若手の会 第31回サマースクール (セミナーハウス), 2019.7.16-17
    Tags: 浜地 A01

  28. 白岩 和樹, 小松 和弘, 天池 一真, 野中 洋, 清中 茂樹, 浜地 格, リガンド指向性化学によるNMDA型グルタミン酸受容体の選択的ラベリング, 生体機能関連化学部会 若手の会 第31回サマースクール (セミナーハウス), 2019.7.16-17
    Tags: 浜地 A01

  29. 髙遠 美貴子, 田村 朋則, 浜地 格, 光駆動型近傍ラベリングによるDNA周辺タンパク質の同定, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  30. 美野 丈晴, 後藤 大輝, 田村 朋則, 坂本 清志, 浜地 格, 生物毒素由来アガトキシンを用いた電位依存性Ca2+チャネルの可視化, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  31. 鳥越 祥吾, 窪田 亮, 羽木 慎一郎, 池田 燎亮, 浜地 格, 高分子修飾型リガンド指向性化学によるタンパク質のin vivo蛍光ラベリング, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  32. 白岩 和樹, 小松 和弘, 天池 一真, 野中 洋, 清中 茂樹, 浜地 格, リガンド指向性化学によるNMDA型グルタミン酸受容体の選択的ラベリング, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  33. Vikram Thimaradka, 田村 朋則, 浜地 格, Lysine-targeting covalent modification of His-tag fused proteins using N-acyl-N-alkyl sulfonamide chemistry, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  34. 土谷 正樹, 田村 朋則, 藤沢 有磨, 沈 佑穎, 浜地 格, オルガネラ選択的リン脂質ラベリングと細胞内動態イメージング, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  35. 窪田 亮, 重光 孟, 田中 航, 藤咲 貴大, 浜地 格, 超分子ダブルネットワークヒドロゲル:self- sorting現象による機能統合化, 13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学 青葉山東キャンパス), 2019.9.4-6
    Tags: 浜地 A01

  36. 小島 憲人, 掛川 渉, 道籏 友紀子, 窪田 亮, 柚崎 通介, 浜地 格, 清中 茂樹, グルタミン酸受容体の人工的な活性制御を可能とする新規ケモジェネティクス法の開発, 92回日本生化学会大会 (パシフィコ横浜), 2019.9.18-20
    Tags: 浜地 A01

  37. 長尾 和俊, 窪田 亮, 田中 航, 浜地 格, 動的共有結合を用いた超分子ナノファイバーの In Situ Self-sorting 制御, 68回高分子討論会 (福井大学) 2019.9.25-27
    Tags: 浜地 A01
  38. 中村 圭佑, 重光 孟, 窪田 亮, 松崎 友伸, 南 沙央理, 浦山 健治, 浜地 格, 超分子・高分子ハイブリッドゲルのタンパク質応答機能, 68回高分子討論会 (福井大学) 2019.9.25-27
    Tags: 浜地 A01

  39. 窪田 亮, 中村 圭佑, 重光 孟, 南 沙央理, 浦山 健治, 浜地 格, 超分子と高分子の複合化による新奇刺激応答性ヒドロゲルの創製, 68回高分子討論会 (福井大学) 2019.9.25-27
    Tags: 浜地 A01
  40. Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto, Feedback Control System for the Advanced Tapping Mode Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry (t-SPESI-MS), ACSIN14&ICSPM26, 2018/11/23
    Tags: 大塚 A03

  41. 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、岩田太、松本卓也, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のフィードバック制御機構によるマルチモーダルイメージング, 2018年日本表面真空学会学術講演会, 2018.11.20
    Tags: 大塚 A03

  42. 竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、松本卓也, タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)におけるプローブ振動周波数の効果, 2018年日本表面真空学会学術講演会, 2018.11.21
    Tags: 大塚 A03

  43. 上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、岩田太、松本卓也, 大気圧サンプリングイオン化化法“SPESI”におけるナノ体積液体の動的変化の可視化, 2018年日本表面真空学会学術講演会, 2018.11.21
    Tags: 大塚 A03

  44. 大塚 洋一、上堀内 武尉、竹内 彩、岩田 太、松本 卓也, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のサンプリングイオン化過程の可視化 第66回応用物理学会春季学術講演会, 2019.3.12
    Tags: 大塚 A03

  45. 新間秀一、松崎典弥、大塚洋一、今野雅允, 3次元モデル組織を用いた薬物イメージング 第67回質量分析総合討論会 2019.5.17
    Tags: 大塚 A03

  46. 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、岩田太、松本卓也,走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のサンプリングイオン化過程, 第67回質量分析総合討論会, 2019.5.17
    Tags: 大塚 A03

  47. 大塚 洋一、上堀内 武尉、竹内 彩、新間 秀一、宮脇 大、木岡 秀隆、大谷 朋仁、坂田 泰史、松本 卓也, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法によるヒト心臓組織のイメージング質量分析, 第85回応用物理学会秋季学術講演会, 2019.9.18
    Tags: 大塚 A03

  48. Yoichi Otsuka, Bui Kamihoriuchi, Aya Takeuchi, Shuichi Shimma, Hiroshi Miyawaki, Hidetaka Kioka, Tomohito Otani, Yasushi Sakata, Takuya Matsumoto, Mass spectrometry imaging of human heart tissue by scanning probe electrospray ionization mass spectrometry with feedback control system, 8th Asia-Oceania Mass Spectrometry Conference 2020, 2020.1.5
    Tags: 大塚 A03
  49. 武森文子, 野並浩, 武森信曉, QconCAT法によるトマト腺状トライコームの定量プロテオミクス, 日本プロテオーム学会2019年大会 第70回日本電気泳動学会総会, 2019. 7. 24.
    Tags: 武森 A03

一般講演3