分子夾雑の生命化学

menu

一般講演3

[すべて] [A01の成果] [A02の成果]  [A03の成果] 

  1. 中村彰伸、沖超二、市橋裕樹、浦野泰照、小松徹、吉井達之、築地真也、プロテアーゼ耐性型化合物による細胞内シグナルの持続時間制御、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  2. 沖超二、吉井達之、築地真也、タンパク質局在の光操作を実現するケージド局在性リガンドの開発、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  3. 澤田隼佑、中村彰伸、吉井達之、築地真也、細胞膜インナーリーフレットに特異的に結合する合成分子の創製、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  4. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工オルガネラの構築と生体分子制御への展開、第1回生命工学研究会、KKRホテルびわこ、2018.9.12–13 Tags: 築地A01
  5. 澤田隼佑、中村彰伸、吉川優、吉井達之、築地真也、細胞膜インナーリーフレットに結合する有機化合物の創製、第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、名古屋大学、2018.11.3–4 Tags: 築地A01
  6. 沖超二、中村彰伸、吉井達之、築地真也、細胞内シグナルの光操作を指向したphotoSLIPTシステムの開発、第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会、名古屋大学、2018.11.3–4 Tags: 築地A01
  7. Choji Oki, Tatsukyuki Yoshii, Akinobu Nakamura, Shinya Tsukiji, Controlling moleucles in cells by SLIPT (1): Optochemical, local signal activation at the single-cell level, 日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  8. 波多野結香、吉井達之、築地真也、SLIPTによる細胞内分子操作 (2):汎用的ループ改変タグの開発、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 ags: 築地A01
  9. 吉井達之、吉川優、生田雅裕、築地真也、人工オルガネラによる細胞内分子操作 (1):タンパク質トラップによるシグナル不活性化、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  10. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工オルガネラによる細胞内分子操作 (2):タンパク質リリースによるシグナル活性化、日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  11. Akinobu Nakamura, Rika Katahira, Tatsuyuki Yoshii, Shinya Tsukiji, Controlling molecules in cells by SLIPT (2): Chemical trapping of signaling molecules at endomembranes, 日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 2019.3.16–19 Tags: 築地A01
  12. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、人工メンブレンスオルガネラの構築と生体分子操作への展開、第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会、神戸国際会議場他、2019.6.24–26 Tags: 築地A01
  13. 吉井達之、吉川優、生田雅裕、築地真也、人工メンブレンスオルガネラによる細胞内タンパク質機能制御、第13回バイオ関連化学シンポジウム、東北大学青葉山東キャンパス、2019.9.4–6 Tags: 築地A01
  14. 吉川優、生田雅裕、吉井達之、築地真也、化合物によるタンパク質の隔離と放出が可能なシンセティックオルガネラの生細胞内構築、第92回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、2019.9.18–20 Tags: 築地A01
  15. 吉井達之、沖超二、中村彰伸、築地真也、化学的アプローチによるタンパク質局在の光操作、第92回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、2019.9.18–20 Tags: 築地A01
  16. 沖超二、吉井達之、築地真也、細胞機能の制御と解明のための新しい光化学遺伝学ツールの開発、第9回CSJ化学フェスタ、タワーホール船堀、2019.10.15–17 Tags: 築地A01
  17. Akinobu Nakamura, Choji Oki, Gembu Maryu, Tatsuyuki Yoshii, Michiyuki Matsuda, Kazuhiro Aoki, Shinya Tsukiji, Multiplexed chemical control of signaling pathways in living cells by orthogonal self-localizing ligand (SL)-induced protein translocation (SLIPT), 8th Annual Winter q-bio conference, Hilton Waikoloa Village (Hawaii, USA), 2020.2.18–21 Tags: 築地A01
  18. 吉川優、生田雅裕、波多野結香、吉井達之、築地真也、細胞内分子制御のための人工相分離タンパク質工学、日本化学会第100春季年会、東京理科大学野田キャンパス、2020.3.22–25 Tags: 築地A01
  19. 田原海、波多野結香、吉井達之、築地真也、改良型SNAP-tag局在移行システムの開発と応用、日本化学会第100春季年会、東京理科大学野田キャンパス、2020.3.22–25 Tags: 築地A01
  20. 鈴木祥央、生田雅裕、中村彰伸、吉井達之、築地真也、蛍光集積を指標とした動物細胞内タンパク質―薬剤相互作用検出、日本薬学会第140年会、国立京都国際会館他、 2020.3.25–28 Tags: 築地A01
  21. 田原海、波多野結香、吉井達之、築地真也、高効率なシグナル制御のための第二世代SNAP-SLIPTシステムの開発、日本薬学会第140年会、国立京都国際会館他、 2020.3.25–28 Tags: 築地A01
  22. 中村彰伸、沖超二、真流玄武、吉井達之、松田道行、青木一洋、築地真也、細胞膜局在性リガンドを用いた細胞内シグナル独立制御技術の開発、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  23. 鈴木祥央、吉井達之、青木一洋、築地真也、細胞内在性タンパク質の化学遺伝学操作、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  24. 吉川優、生田雅裕、波多野結香、吉井達之、築地真也、人工タンパク質クラスターによるシグナル分子の化学遺伝学操作、第72回日本細胞生物学会大会、京都みやこめっせ、2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  25. Hideki Nakamura, Synthetic biological approach to biomolecular condensates – “making” and “breaking” non-membrane-bound organelles in living cells, Laboratory of Systems Neuropharmacology Seminar, Kyoto University Graduate School of Medicine, JAPAN, 2020.1.29
    Tags: 浜地 A01

  26. Hao Zhu、Profiling of proteins under oxidative environments in cells and tissues by H2O2-responsive labeling, The 4th International Symposium of Kyoto Biomolecular Mass Spectrometry Society, Kyoto University, JAPAN, 2020.2.19
    Tags: 浜地 A01

  27. 渡邉 侑, 田村 朋則, 浜地 格, 蛍光色素修飾ナノボディを用いた神経伝達物質受容体のイメージング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  28. 河野 正晴, 上田 毅, 田村 朋則, 浜地 格,非システイン標的型不可逆阻害剤の開発, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  29. Kento OJIMA, Kazuki SHIRAIWA, Itaru HAMACHI, Shigeki KIYONAKA, Quantification of neuronal AMPA-type glutamate receptor dynamics by combining ligand-directed chemistry and IEDDA click reaction, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  30. 服部 善行, 窪田 亮, 浜地 格,液液相分離を示すペプチド型超分子の分子設計, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  31. 長尾 和俊, 窪田 亮, 田中 航, 浜地 格, 超分子ファイバーの核形成制御によって作り分けられるself-sorting構造, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  32. 白岩 和樹, 野中 洋, 清中 茂樹, 浜地 格, Ligand directed chemistry in living mouse brain (1): 小脳におけるグルタミン酸受容体の選択的ケミカルラベル, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  33. 野中 洋, 白岩 和樹, 浜地 格, Ligand directed chemistry in living mouse brain (2): 全脳でのグルタミン酸受容体のケミカルラベルと三次元イメージング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  34. 佐田 圭, 中村 圭佑, 窪田 亮, 濱地 格, 超分子・高分子複合ゲルの開発とその特性, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  35. Keisuke NAKAMURA, Ryo KUBOTA, Hajime SHIGEMITSU, Tomonobu MATSUZAKI, Saori MINAMI, KenjiKenji URAYAMA, ItaruHAMACHI, Protein responsive protein release of supramolecular / covalent polymer hydrogel composite, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  36. 美野 丈晴, 後藤 大輝, 田村 朋則, 坂本 清志, 浜地 格, ペプチド毒素アガトキシンを用いたCa2+チャネルのlive brainラベリング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  37. Vikram THIMARADKA, Tomonori TAMURA, Itaru HAMACHI, Lysine-targeting covalent modification of His-tag fused membrane proteins in live cell, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  38. 鳥越 祥吾, 窪田 亮, 羽木 慎一郎, 池田 燎亮, 浜地 格, 高分子型リガンド指向性化学による腫瘍内でのin vivoケミカルラベル, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  39. Mikiko TAKATO, Keiya SHIONO, Tomonori TAMURA, Itaru HAMACHI, A photoactivatable proximity labeling method for characterizing the DNA-proximal proteome, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  40. 坂本 清志, 原田 文峰, 清中 茂樹, 野中 洋, 浜地 格,リガンド指向性化学による内存性GABA(A)受容体の選択的ケミカルラベリング, 日本化学会 第100春季年会, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

一般講演3