分子夾雑の生命化学

menu

招待講演2

[すべて] [A01の成果] [A02の成果] [A03の成果] 

  1. N. Sugimoto, Noncanonical world of nucleic acids under molecular crowding:To B or not to B, XXIII International Roundtable of Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (IRT2018), University of California, San Diego, U.S.A, 2018.8.26-30
    Tags: 杉本A02
  2. N. Sugimoto,  Beyond the Watson-Crick Double Helix:Make New History of Nucleic Acids (6), Asia 3 Roundtable on Nucleic Acids 2018 (A3RONA2018), KIST Gangneung Institute of Natural Products, S.Korea, 2018.9.14-18
    Tags: 杉本A02
  3. N. Sugimoto, Noncanonical world of nucleic acids under molecular crowding and high pressure,The 10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018),  Plaza Verde, Japan, 2018.9.18-22
    Tags: 杉本A02
  4. N. Suigmoto, “Noncanonical world of nucleic acids under molecular crowding”, The seminar of the department f Pharmacy University of Naples “Federico II”, University of Naples “Federico II”, Napoli, Italy, 2018.10.21-23                               Tags: 杉本A02
  5. N. Sugimoto, “To B or not to B” in Nucleic Acids Chemistry (2)”, Advances in Noncanonical Nucleic Acids “ANNA2018”, Grand Hotel Bernardin, Slovenia, 2018.10.25-27
    Tags: 杉本A02
  6.  N.Sugimto, “Effect of noncanonical DNA structures on transcription”, The Third A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub,Lotte City Hotel, S.Korea, 2018.10.31-11.3
    Tags: 杉本A02
  7. 大塚洋一, 医療応用を志向する極致イメージング質量分析法と特徴量抽出法の開発, MEIクラブ(大阪大学), 2018.6.12
    Tags: 大塚 A03
  8. Y. Otsuka, Development of Tapping-mode Scanning Probe Electrospray Ionization (t-SPESI), M4I Lectures, Maastricht University, Netherlands, 2018.10.30
    Tags: 大塚 A03
  9. Y. Otsuka, Ambient Sampling and Ionization with a Single Capillary Probe: Development of Scanning Probe Electrospray Ionization (SPESI), Bioscience Seminar Series, Uppsala University, Sweden, 2018.11.2
    Tags: 大塚 A03
  10. Shinya Tsukiji, SLIPT: a chemical approach for controlling protein localization using self-localizing ligands, ProbeFest2018, Janelia Research Campus, USA, 2018.10.14–17
    Tags: 築地A01
  11. Uchida Y: Membrane Enrichment and Sample Preparation for Targeted Proteomics, ISSX Workshop on LC-MS proteomics, Takeda Pharmaceuticals U.S.A. Cambridge, MA, September 27, 2018
    Tags: 内田 A03
  12. 内田康雄:次世代型定量プロテオミクスに基づく中枢疾患創薬のための薬物中枢移行性の制御機構の解明と中枢移行性予測、武田薬品工業株式会社湘南研究所セミナー、2018.9.13.、武田薬品工業株式会社 湘南研究所
    Tags: 内田 A03
  13. 内田康雄:次世代型定量プロテオミクスSWATH法に基づく多発性硬化症の中枢関門の破綻メカニズムの解明、第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2018.10.19.、仙台
    Tags: 内田 A03
  14. Y. Baba, Nanobiodevices for Society 5.0, VIII International Congress on Analytical Nanoscience and Nanotechnology, NyNA 2017, 2017/7/3
    Tags: 馬場 A03

  15. 馬場嘉信, ナノテクノロジーとAIが拓く未来医療, 日本DDS学会, 京都, 2017/7/6
    Tags: 馬場 A03
  16. Baba, Y., Nanobiodevices for single DNA analysis and quantum dot imaging of iPS cells for regenerative medicine, The 1st QST International Symposium, Chiba, 2017/7/26
    Tags: 馬場 A03
  17. 馬場嘉信, ナノワイヤデバイスによる体液中細胞外小胞・miRNA解析, 9回日本RNAi研究会、第4回細胞外小胞学会, 広島, 2017/8/31
    Tags: 馬場 A03
  18. Y.Baba, Frontiers in Biomedical Engineering Nanobiodevices for Medical Innovation
    Universities of Freiburg Strasbourg Nagoya Interdisciplinary and International Summer School(Nagoya), 2017/9/1
    Tags: 馬場 A03

  19. Baba, Y., Frontiers in Biomedical Engineering Nanobiodevices for Medical Innovation, Universities of Freiburg Strasbourg Nagoya Interdisciplinary and International Summer School, 名古屋, 2017/9/1
    Tags: 馬場 A03

  20. 馬場嘉信, A03班 分子夾雑の分析・応用化学, 科研費新学術領域研究 分子夾雑の生命化学第1回公開シンポジウム, 東京, 2017/9/6
    Tags: 馬場 A03
  21. 湯川博, 量子ナノ材料による移植幹細胞in vivoイメージング, 第26回日本バイオイメージング学会, 2017/9/16
    Tags: 馬場 A03
  22. 湯川博, 量子ナノ材料による移植幹細胞in vivoイメージングと再生医療への貢献, Bio Japan2017, 2017/10/11
    Tags: 馬場 A03
  23. 湯川博, 量子ナノ材料による移植幹細胞in vivo蛍光イメージング, 60回日本放射線影響学会, 2017/10/25
    Tags: 馬場 A03
  24. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety 5.0:超スマート社会, 名古屋大学VBLシンポジウム, 名古屋, 2017/11/22
    Tags: 馬場 A03
  25. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓く次世代DNAシークエンス, キャピラリー電気泳動シンポジウム, 仙台, 2017/11/30
    Tags: 馬場 A03
  26. Baba, Y., Nanobiodevices for Chemistry for Multimolecular Crowding Biosystems, 科研費新学術領域研究 分子夾雑の生命化学第1回国際シンポジウム, 神戸, 2017/12/12
    Tags: 馬場 A03
  27. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスによる細胞外微粒子(エクソソーム、PM2.5、バイオエアロゾル)計測, 日本学術振興会第116委員会, 東京, 2018/1/15
    Tags: 馬場 A03
  28. 馬場嘉信, がん病態環境の分子夾雑マッピングデバイスの開発, 新学術領域「分子夾雑化学」班会議, 福岡, 2018/5/24
    Tags: 馬場 A03
  29. Onoshima, D., Single Molecule and Cell Detection Devices for Diagnostics and Therapeutics in Precision Medicine, 9th International Conference on Nanotechnology: Fundamentals and Applications (ICNFA’18), Madrid, Spain, 2018/8/20
    Tags: 馬場 A03
  30. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety 5.0と健康長寿社会, 58回日本臨床化学会年次学術集会, 名古屋, 2018/8/25
    Tags: 馬場 A03

  31. Baba, Y., Nanobiodevices and AI for Future Healthcare, ITP 2018, Kyoto, 2018/9/1
    Tags: 馬場 A03

  32. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓く未来医療, 日本分析化学会67年会, 仙台, 2018/9/13-14
    Tags: 馬場 A03
  33. 馬場嘉信, シンクロトロン光、ナノバイオデバイスとAIが拓く未来医療, 名古屋産業研究所75周年記念講演会, 名古屋, 2018/10/5
    Tags: 馬場 A03
  34. 馬場嘉信, 新学術領域 分子夾雑の生命化学, CHEMINAS 若手の会, 札幌, 2018/10/29
    Tags: 馬場 A03
  35. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓く次世代医療・ヘルスケア, CHEMINAS センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム, 札幌, 2018/10/30
    Tags: 馬場 A03
  36. 馬場嘉信, Nanobiodevices and AI for Society 5.0: Super Smart Society, North Carolina-NU, North Carolina, USA, 2018/11/6
    Tags: 馬場 A03
  37. Baba, Y., Analytical Chemistry Young Innovator Award, MicroTAS 2018, Kaohsiung, Taiwan, 2018/11/14
    Tags: 馬場 A03
  38. Baba, Y., Nanobiodevices and AI for Society 5.0: Super Smart Society, Kaohsiung Medical University, Kaohsiung, Taiwan, 2018/11/14
    Tags: 馬場 A03
  39. Baba, Y., Nanobiodevices and AI for Future Healthcare, 1st ASEAN-Japan International Conference on Innovative Biology, Medicine and Engineering in Vietnam, Hanoi, 2018/11/24
    Tags: 馬場 A03
  40. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが広げるものづくり技術と再⽣医療の接点, 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座, 京都, 2019/1/21
    Tags: 馬場 A03
  41. 馬場嘉信, ルミネッセンス化学が拓く未来社会, 日本化学会第99春季年会特別企画, 神戸, 2019/3/16, oral
    Tags: 馬場 A03
  42. 馬場嘉信, ナノ材料を⽤いた新たな細胞診断技術, 日本化学会第99春季年会ATPセッショ ン, 神戸, 2019/3/16
    Tags: 馬場 A03
  43. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIによる単⼀細胞解析と次世代ヘルスケア, 日本化学会第99春季年会さきがけ, 神戸, 2019/3/17
    Tags: 馬場 A03
  44. 三好大輔、川内敬子 , 分子夾雑効果の定量解析に基づいた機能分子の開発, 名古屋大学医学部脳外科セミナー, 名古屋大学医学部, 2018/8/19
    Tags: 杉本A02
  45. D. Miyoshi, Structure and stability of nucleic acids under molecular crowding conditions with cationic polymers, 14th Japan – Belgium Symposium on Polymer Science, University of Mons, Salle des Conseils,‘De Vinci’ building, Avenue Maistriau, Mons, Belgium, 2018/9/4
    Tags: 杉本A02
  46. 三好大輔 , 細胞の分子夾雑環境での核酸構造の定量解析とその応用, 日本分析化学会第67年会, 東北大学川内北キャンパス, 2018/9/14
    Tags: 杉本A02
  47. K. Kawauchi, W. Sugimoto, K. Itoh, T. Tsuruoka, K. Akamatsu, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto, D. Miyoshi, Molecularly-targeted photodynamic therapy for NRAS mRNA G-quadruplex, 12th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2018), 2018/12/8                                         Tags: 杉本A02       

  48. 三好大輔, がん関連mRNAが形成する四重らせん構造に対する分子標的型光線力学療法, 日経バイオテク プロフェッショナルセミナー, 低分子薬で核酸を標的に, 日経BP社本館, 2018/12/5
    Tags: 杉本A02

  49. 三好 大輔, 核酸構造安定性に及ぼす細胞の分子クラウディング効果の定量解析とその展開,東京大学大学院総合文化研究科, 第192回 生命環境科学系セミナー, 東京大学駒場キャンパス, 2018/12/11
    Tags: 杉本A02

  50. 松浦和則,ペプチドを設計して超分子材料を創る,2018年度中国四国地区高分子講演会,岡山大学,2018/11/13
    Tags: 松浦 A02
  51. K. Matsuura, Functionalized Artificial Viral Capsids self-assembled from beta-Annulus Peptides, 5th Asian Chemical Biology Conference (ACBC5), Xi’an, China, 2018/8/20
    Tags: 松浦 A02
  52. K. Matsuura,  Artificial Viral Capsid decorated with Enzymes by Peptide Self-assembly, The 17th Akabori Conference (German-Japanese Symposium on Peptide Science), Lindau, Germany, 2018/9/5
    Tags: 松浦 A02
  53. K. Matsuura, Dressed-up Artificial Viral Capsids self-assembled from Viral beta-Annulus Peptides, 10th International Peptide Symposium, 京都, 2018/12/4
    Tags: 松浦 A02
  54. K. Matsuura, Surface-decorated artificial viral capsids self-assembled from viral beta-annulus peptides, 2019 Physical Virology, Gordon Research Conference, Ventura, USA, 2019/1/22
    Tags: 松浦 A02
  55. Kenji Sugase, High-Sensitivity Rheo-NMR Spectroscopy for Protein Studies, 17th IPR Retreat, 大阪大学銀杏会館, 2018.12.20
    Tags:菅瀬A02
  56. 中村浩之, タンパク質の部位特異的化学修飾とがん治療への展開. 第76回有機合成化学協会関東支部シンポジウム、特別講演(長岡技術科学大学、新潟)2018.12.2 Tags: 中村 A01
  57. H. Nakamura, Cancer Therapy Using Boron: Target Protein Identification and Neutron Capture Therapy, Plenary Lecture, Barcelona Spain, December 10-12, 2018. Tags: 中村 A01
  58. 喜井 勲, An alternative strategy to develop a selective kinase inhibitor. The Biological Symposium 国立遺伝学研究所, 2018.7.18. Tags: 喜井 A02
  59. 喜井 勲, リン酸化酵素のフォールディング中間体を標的とした創薬研究. 秋田大学大学院医学研究科 大学院セミナー, 2018.6.27. Tags: 喜井 A02
  60. 喜井 勲, An alternative strategy to develop a selective kinase inhibitor. 京都大学大学院理学研究科 特別学術セミナー, 2018.10.11. Tags: 喜井 A02
  61. Yoichi Otsuka, Ambient Sampling and Ionization with a Single Capillary Probe: Development of scanning probe electrospray ionization (SPESI), Seminar in Analytical Division, Indiana University Bloomington, 2019.02.07.
    Tags: 大塚 A03
  62. Yoichi Otsuka, Development of Scanning Probe Electrospray Ionization for Biomedical Imaging, 大阪大学知の共創プログラム公開シンポジウム, 2019.03.05.
    Tags: 大塚 A03
  63. 大塚洋一, 多彩な生体情報を可視化する走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発, 金沢大学NanoLSI公開セミナー, 2019.03.18. 
    Tags: 大塚 A03
  64. 小澤岳昌,光で生体分子を操作し観察する新たな細胞解析技術.日本分光学会年次講演会(慶応大学日吉キャンパス,神奈川),2018.5.22.
    Tags: 小澤 A01
  65. T. Ozawa, Opto-bioanalysis: Imaging and controlling GPCR activities in living cells. IUBMB (COEX Seoul, Korea), 2018. 6. 5.
    Tags: 小澤 A01
  66. 小澤岳昌,生細胞内GPCR動態の可視化と制御.生理研研究会(岡崎,愛知),2018.7.6.
    Tags: 小澤 A01
  67. T. Ozawa, Imaging and Controlling GPCR activities in live cells. The 5thAsian Chemical Biology Conference (Xi’an, China), 2018. 8. 22.
    Tags: 小澤 A01
  68. 小澤岳昌,光でタンパク質を操作し観察する細胞解析技術オプトバイオアナリシス.日本分析化学会第67年会(仙台,宮城),2018.9.12. 
    Tags: 小澤 A01
  69. T. Ozawa, Imaging and Manipulating Intracellular signals in Single Live Cells with External Light. the 10th International Forum on Post-Genomic Technology (IFPT’10) and the 11th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis (IWSC’11) (Nanjing, China), 2018. 10. 21.
    Tags: 小澤 A01
  70. T. Ozawa,Novel Design of Luminescent Sensors and Optical Switches for Single Cell Analysis.  4thInternational Symposium on Molecular Imaging and Nanomedicine (Suzhou, China), 2018. 11. 6.
    Tags: 小澤 A01
  71. T. Ozawa, Novel design of luminescent sensors and optical switches for cellular analysis-Opto-bioanalysis-. Hwasun Optical & Molecular Imaging Workshop and Symposium (HOWS)(Chonnam, Korea), 2018. 12. 11.
    Tags: 小澤 A01
  72. T. Ozawa, Imaging and Manipulating GPCRs in Live Cells with External Light. 10th Singapore International Chemistry Conference (SICC10)(Singapore), 2018. 12. 20.
    Tags: 小澤 A01
  73. N. Sugimoto, Roles of Noncanonical Nucleic Acids on Gene Expressions, The 2nd International Symposium on “Functional Nucleic Acids: From Laboratory to Targeted Molecular Therapy”, Murdoch University, Australia, 2018.11.22-23
    Tags: 杉本A02
  74. N. Sugimoto, Functions “of Nucleic Acids with Non-canonical Structures:To B or not to B, KONAN RESEARCH SUMMIT,  Frontier Institute for Biomolecular Engineering Research (FIBER), Konan University, 2018.12.4-6
    Tags: 杉本A02
  75.  N. Sugimoto, THE WORLD OF NON-CANONICAL NUCLEIC ACIDS,The 9th Asian Biological Inorganic Chemistry “AsBIC9”, Stephen Riady Centre, National University of Singapore, 2018.12.9-14
    Tags: 杉本A02
  76. N. Sugimoto, Molecular Crowding Effect on Functions of Nucleic Acids:,The Department seminar,  Korea Institute of Science and Technology (KIST) , Seoul, S. Korea, 2018.12.19
    Tags: 杉本A02
  77. N. Sugimoto, Molecular Crowding Effect on Functions of Nucleic Acids:, The Department seminar, Seoul National University, Seoul, S. Korea, 2018.12.19
    Tags: 杉本A02
  78. N. Sugimoto, Molecular Crowding Effect on Functions of Nucleic Acids:, The Department seminar, Sungkyunkwan University School of Medicine, Suwon, S.Korea, 2018.12.20
    Tags: 杉本A02
  79. N. Sugimto, Functions of Nucleic Acids under Molecular Crowding Conditions, The Lecture of Institute of Biophysics Czech Academy of Sciences,   Institute of Biophysics Czech Academy of Sciences, Brno, Czech, 2019.3.13                                                                                      Tags: 杉本A02
  80. H. Tateishi-Karimata, Elucidation for mechanism of diseases caused by non-canonical structures of DNA and regulation for DNA function, 日本化学会第99回春季年会(2019),甲南大学(岡本キャンパス), 2019.3.16~19                                                                                                   Tags: 杉本A02
  81. N. Sugimoto, Adventures of Nucleic Acids in Molecular Crowding World, The Department Seminar of Sun Yat-sen University, Sun Yat-sen University, Guangzhou, China, 2019.3.23            Tags: 杉本A02
  82. N. Sugimoto, RNAs in Molecular Crowding World, The Seminar of Hong Kong RNA Club,  Hong Kong RNA Club, Hong Kong, China, 2019.3.25                                                             Tags: 杉本A02
  83. N. Sugimoto, Adventures of Nucleic Acids in Molecular Crowding World, The Department Seminar of City University of Hong Kong,  Hong Kong, China, 2019.3.26                                Tags: 杉本A02
  84. 山次健三,ヒストンに翻訳後修飾を導入する人工化学触媒, 千葉大学大学院薬学研究院第12回化学系若手研究者講演会, 2018.09.10. Tags: 山次 A01
  85. 山次健三,ヒストンに翻訳後修飾を導入する化学触媒, 日本薬学会第139年会 有機合成化学の若い力, 2019.03.21. Tags: 山次 A01
  86. 中曽根祐介, 時間分解拡散法で捉える蛋白質反応, 分子研セミナー『2030 年の生命分子科学を語る!』, 分子科学研究所(明大寺キャンパス), 2018.12.
    Tags: 中曽根 A02
  87. 中曽根祐介, 光で捉える生体分子の揺らぎ・ダイナミクス, 分子科学研究所『所長招聘研究会』, 分子科学研究所(明大寺キャンパス), 2019.1.25.
    Tags: 中曽根 A02
  88. Itaru Hamachi, Live cell protein labeling for conditional proteomics, Nano/Bioscience International Symposium, Doshisha University, Japan, Kyoto,2019.6.7
    Tag : A01 浜地
  89. Y. Baba (Invited Lecture)
    Nanobiodevices and AI for Society 5.0, JSPS 116 Committee Nanyang University of Science and Technology Joint Symposium (Singapore) 2018, 4, 25
    Tags: 馬場 A03
  90. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓く次世代医療・ヘルスケア, 創造機能化学講演会(東京) 2018.6.12
    Tags: 馬場 A03
  91. 馬場嘉信(招待講演), ナノバイオデバイスによる幹細胞・エクソソーム intra vital イメージング, 第55回薬剤学懇談会研究討論会(神戸), 2018, 6, 14
    Tags: 馬場 A03

  92. D. Onoshima, Y. Baba (Plenary Lecture), Nanobiodevices and AI for Society 5.0; Super Smart Society
    9th International Conference on Nanotechnology: Fundamentals and Applications (ICNFA’18), (Madrid, Spain) 2018, 8, 19
    Tags: 馬場 A03
  93. 馬場嘉信(特別講演), ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety 5.0と健康長寿社会, 第58回日本臨床化学会年次学術集会(名古屋), 2018, 8, 25
    Tags: 馬場 A03
  94. Y. Baba (Plenary Lecture), Nanobiodevices and AI for Future Healthcare, ITP 2018 (Kyoto) 2018, 8, 29
    Tags: 馬場 A03
  95. 馬場嘉信(基調講演), 新学術領域 分子夾雑の生命化学, CHEMINAS 若手の会(札幌), 2018, 10, 29
    Tags: 馬場 A03
  96. Y. Baba (Special Lecture) , ナノバイオデバイスとAIが拓く次世代医療・ヘルスケア, CHEMINAS センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム(札幌), 2018, 10, 30
    Tags: 馬場 A03
  97. 馬場嘉信(基調講演), Nanobiodevices and AI for Society 5.0: Super Smart Society, North Carolina-NU(North Carolina, USA),  2018, 11, 6
    Tags: 馬場 A03

  98. Y. Baba(Special Lecture), Nanobiodevices and AI for Society 5.0: Super Smart Society, Kaohsiung Medical University (Kaohsiung, Taiwan) , 2018, 11, 14
    Tags: 馬場 A03
  99. Y. Baba (Invited Lecture), Nanobiodevices and AI for Future Healthcare, 1st ASEAN-Japan International Conference on Innovative Biology, Medicine and Engineering in Vietnam (Hanoi),  2018, 11, 24
    Tags: 馬場 A03

  100. Gordon Research Conference(Nucleosides, Nucleotides and Oligonucleotides), N. Sugimoto, The Watson-Crick World Is Not Enough, Salve Regina University, RI, US, 2019年1月13日~18日
    Tags:杉本A02
  101. N. Sugimoto, Functions of Non-canonical Nucleic Acids (2), International Workshop“Trends in Nucleic Acid (TINA) 2019,  Nankai University, China, 2019.4.11~13
    Tags: 杉本A02
  102. 建石寿枝, 杉本直己, DNA四重らせん構造はがんの悪性化を制御しているのか, 第22回生命化学研究会,  北見工業大・サロマ湖鶴雅リゾート, 2019.6.21~22
    Tags: 杉本A02
  103. The Seminar of Chemistry Department, N. Sugimoto, Adventure of Nucleic Acids in Molecular Crowding World, Binghamton University, New York Sate University, USA, 2019年6月28日~30日
    Tags:杉本A02
  104. 武森信暁, 簡単DIY で内部標準ライブラリ構築, 日本プロテオーム学会 第9回プロテオミクストレーニングコース「生命機能解析のためのプロテオミクス」, 徳島大学 先端酵素学研究所 藤井節郎記念医科学センター, 2019.7.5.
    Tags: 武森 A03
  105. 第29回バイオ・高分子シンポジウム, N. Sugimoto, Nucleic Acids Chemistry under the Molecular Crowding World, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2019年7月25日~26日
    Tags:杉本A02
  106. Hiroyuki Nakamura, Current status and future aspect of boron neutron capture therapy, 2018 NSFC-CAS-JSPS symposium, Keynote Lecture (Tianjin, China) Oct 12, 2018                                                                                           Tags: 中村A01
  107. Hiroyuki Nakamura, Boron Neutron Capture Therapy : Current Status and Future Aspect, 2018 2ndInternational Conference on Sensors, Materials and Manufacturing (ICSMM2018), Keynote Lecture, Taipei Taiwan, November 19-21, 2018
    Tags: 中村A01
  108. 中村浩之、タンパク質の部位特異的化学修飾とがん治療への展開, 第76回有機合成化学協会関東支部シンポジウム、特別講演(長岡技術科学大学、新潟)2018.12.1-2.
    Tags: 中村A01

  109. Hiroyuki Nakamura, Cancer Therapy Using Boron: Target Protein Identification and Neutron Capture Therapy, PBSi 2018,  Plenary Lecture, Barcelona Spain, December 10-12, 2018.
    Tags: 中村A01

  110. Hiroyuki Nakamura, Boron Neutron Capture Therapy : Current Status and Future Aspect, International Conference on Chemistry and Chemical Process (ICCCP 2019) Keynote Lecture (NSU, Singapore)  February 26-28, 2019
    Tags: 中村A01
  111.  Hiroyuki Nakamura, Protein Engineering Using Chemical Labeling Technology, ICMDA&ICCFE 2019, Keynote Lecture(Tokyo)April 13-15, 2019.
    Tags: 中村A01
  112. Hiroyuki Nakamura, Isoxazole-Based Transformations via Direct C-H Activations, The Fifth International Scientific Conference “Advances in Synthesis and Complexing” Invited Lecture (Moscow) April 22-26, 2019.
    Tags: 中村A01
  113. 中村浩之、反応有機化学から生命分子夾雑科学へ, 第30回記念万有仙台シンポジウム, 招待講演(仙台)2019.6.29.
    Tags: 中村A01
  114. Y Uchida, Key Issues and Our Solutions in Transporter Proteomics, The Seminar of University of Eastern Finland, School of Pharmacy, Kuopio, Finland, May 7, 2019
    Tags: 内田 A03
  115. 内田康雄:Next generation quantitative proteomics “SWATH-MS法”、東京大学大学院薬学系研究科セミナー、2019年6月5日、東京大学大学院薬学系研究科
    Tags: 内田 A03
  116. 藤原慶、細胞を創る:細胞分裂面決定機構の人工細胞内再構成、第91回日本生化学会大会、2018年9月24日、京都国際会館
    Tags: 藤原 A02
  117. The seminar at Faculty of Chemistry and Chemical Biology at TU Dortmund University, N. Sugimoto, Adventures of Nucleic Acids in the Molecular Crowding World, Dortmund, Germany, 2019年10月4日
    Tags:杉本A02
  118. Advances in Noncanonical Nucleic Acids “ANNA2019”, N. Sugimoto, “To B or not to B” in Nucleic Acids Chemistry (3), Slatina, Slovenia, 2019年10月17日~19日
    Tags:杉本A02
  119. The Department seminar of Sungkyunkwan University School of Medicine, N. Sugimoto, Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids, Sungkyunkwan University School of Medicine, Suwon, S.Korea, 2019年11月6日
    Tags:杉本A02
  120. The Department seminar of Konkuk University, N. Sugimoto, Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids, Konkuk University, Seoul, S.Korea, 2019年11月6日
    Tags:杉本A02
  121. The Department seminar of Sogang University, N. Sugimoto, Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids, Sogang University, Seoul, S.Korea, 2019年11月7日
    Tags:杉本A02
  122. The Symposium on Nucleic Acid Chemistry, N. Sugimoto, Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids, Pohang University of Science and Technology (POSTECH), Pohang, S.Korea, 2019年11月7日~9日
    Tags:杉本A02
  123. The Department seminar of Padova University, N. Sugimoto, Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids, Padova University, Padova, Italy, 2019年11月17日
    Tags:杉本A02
  124. 内田康雄:定量プロテオミクスに基づく血液脳関門の輸送機能および病態変動機構の解明、日本薬学会 第140年会、2020年3月25~28日、国立京都国際会館
    Tags: 内田 A03
  125. Itaru Hamachi, Imaging and Function of Self-sorted Supramolecular Fibers,

    2019 US-Japan Polymer Symposium:- Macromolecules: Challenges and Opportunities for the 21st Century- (Stanford University, U.S.A.), 2019.6.18-21
    Tags: 浜地 A01

  126. 浜地 格, 細胞環境に依存した Proteome 解析の新手法 New chemical methods for conditional proteomics,19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 (神戸国際会議場、神戸国際展示場), 2019.6.24-26
    Tags: 浜地 A01

  127. 田中 航, self-sortingを基盤とした多成分超分子ヒドロゲル, 先導研講演会「新進気鋭の若手研究者による融合先導化学の展開」 (九州大学 筑紫地区総合研究棟), 2019.7.9
    Tags: 浜地 A01

  128. 田村 朋則, タンパク質修飾化学に基づくコンディショナルプロテオミクス法の開発 Development of new methods for conditional proteomics based on chemical protein modification, 日本プロテオーム学会2019年大会/70回 日本電気泳動学会総会 (シーガイアコンベンションセンター), 2019.7.24-27
    Tags: 浜地 A01

  129. 浜地 格, タンパク質群動態解析のためのケミカルプロテオミクス, 日本分析化学会第68年会 (千葉大学 西千葉キャンパス), 2019.9.11
    Tags: 浜地 A01

  130. 田村 朋則, オルガネラ膜脂質の蛍光ラベリングと細胞内動態イメージング, 新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回 関東地区シンポジウム (東京大学弥生キャンパス セイホクギャラリー), 2019.10.15
    Tags: 浜地 A01

  131. Itaru Hamachi, Chemical protein labeling and beyond, Bayer Life Science Workshop “Chemical Biology – Jointly Exploring New Frontiers” (Marriott Courtyard Berlin City Center Hotel, GERMANY), 2019,9.23-24
    Tags: 浜地 A01

  132. 浜地 格, 細胞夾雑系でのタンパク質有機化学に挑む,9CSJ化学フェスタ2019 (タワーホール船堀), 2019,10.15-17
    Tags: 浜地 A01

  133. Itaru Hamachi, Chemical labeling of endogenous proteins in live cell conditions, The 2019 Cold Spring Harbor Asia Conference on Chemical Biology and Drug Discovery (The Suzhou Dushu Lake Conference Center, CHINA) 2019.10.28-11.1
    Tags: 浜地 A01

  134. 浜地 格, 生細胞有機化学を基軸としたタンパク質その場解析のための分子技術,「分子技術」シンポジウム~未来に続く、極限のものづくり~ (JPタワーホール&カンファレンスルーム), 2019.11.15
    Tags: 浜地 A01

  135. Itaru Hamachi, Organic chemistry of biomolecules in live cells/tissues, The Forth A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub (TKP SENDAI, JAPAN), 2019.11.18-21
    Tags: 浜地 A01

  136. 浜地 格, 分子夾雑系でのタンパク質有機化学, 有機合成化学研究所第34回講演会 (京都大学 桂キャンパス), 2019.11.21
    Tags: 浜地 A01

  137. Y Uchida, Y Hoshi, M Tachikawa, S Ohtsuki, PO Couraud, T Suzuki and T Terasaki, Blood-brain barrier P-glycoprotein activation as a new potential therapy of brain infarct, 34th JSSX annual conference, 2019.12.9-12.12
    Tags: 内田 A03
  138. 馬場嘉信(招待講演)
    ナノバイオデバイスとAIが拓く未来医療・ヘルスケア
    第30回日本医学会総会 (名古屋) 2019年4月27-29日
    Tags: 馬場 A03
  139. 馬場嘉信(特別講演)
    ナノバイオデバイスとAIが拓く未来医療・創薬
    平成31年度公開講座「先端を行く連合創薬医療情報研究科」 
    創薬を支える究極のものづくり(岐阜)2019/5/10
    Tags: 馬場 A03
  140. 馬場嘉信(特別講演)
    ナノバイオデバイスとAIが拓く未来医療
    日本薬剤学会34年会(富山)2019年5月17日
    Tags: 馬場 A03
  141. Y. Baba (Invited Lecture)
    Nanobiodevices and AI for Cancer Diagnosis/Therapy and Regenerative Medicine
    Korea University & Nagoya University Academic Symposium 2019 (Nagoya) 2019年7月18日
    Tags: 馬場 A03
  142. Y. Baba (DICP 70th Anniversary Lecture)
    Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Future Healthcare
    DICP 70th Anniversary Conference & 52th DICP Symposium (Dalian, China) 2019年10月21日
    Tags: 馬場 A03
  143. 馬場嘉信
    ナノテクノロジーと人工知能が健康を守る
    愛知県立豊田北高等学校(豊田) 2019年11月13日
    Tags: 馬場 A03
  144. Y. Baba (Plenary Lecture)
    Nanobiodevices, Nano-separations, and AI for Future Healthcare
    HPLC Kyoto 2019 (Kyoto) 2019年12月2日
    Tags: 馬場 A03
  145. Y. Baba (Plenary Lecture)
    Nanobiodevices and AI for Future Healthcare
    17th International Conference on BioMedical Engineering (Singapore) 2019年12月9-12日
    Tags: 馬場 A03
  146. Yoichi Otsuka, Development of Scanning Probe Electrospray Ionization for Biomedical Imaging,大阪大学 知の共創プログラム 公開シンポジウム イメージング質量分析の潮流(大阪大学中之島センター), 2019.2.5
    Tags: 大塚 A03
  147. 大塚 洋一, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(SPESI)の開発と生体分子情報計測, 九州大学理学院セミナー(九州大学筑紫キャンパス), 2019.12.13
    Tags: 大塚 A03
  148. 武森 信曉, 包括的プロテオーム定量のためのQconCAT合成パイプライン, 日本プロテオーム学会2019年大会 第70回日本電気泳動学会総会(宮崎シーガイアコンベンションセンター), 2019年7月25日
    Tags: 武森 A03
  149. 松浦 和則、ペプチド合成による人工ウイルスキャプシドと微小管内包材料の創製、生体機能関連化学部会若手の会 第31回サマースクール(八王子、大学セミナーハウス)、2019.7.16
    Tags: 松浦 A02
  150. 松浦 和則、ペプチド分子設計による人工ウイルスキャプシドならびに微小管内包分子の創製、第71回日本生物工学会(岡山大学津島キャンパス)、2019.9.16
    Tags: 松浦 A02
  151. 松浦 和則、ペプチドの分子設計による自己集合ナノシステム の創製、第68回高分子討論会(福井大学文京キャンパス)、2019.9.26
    Tags: 松浦 A02
  152. Kazunori Matsuura, Construction of Artificial Envelope-typeViral Capsids, Okinawa Colloids 2019 (Bankoku Shinryokan, Nago),  2019.11.4
    Tags: 松浦 A02
  153. 松浦 和則、ペプチドの自己集合による人工ウイルスキャプシドの創製、新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回関西地区シンポジウム(京都大学桂キャンパス)、2019.12.17
    Tags: 松浦 A02
  154. 松浦 和則、ペプチド分子設計によるナノマテリアルの創製、第409回化学セミナー(福井大学文京キャンパス)、2019.12.23
    Tags: 松浦 A02
  155. 築地真也, 細胞夾雑空間でのタンパク質局在を操るケミカルツール, 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会, 神戸国際会議場他, 2019.6.24–26 Tags: 築地A01
  156. 築地真也, 細胞内の分子局在を操るケミカルアプローチ, 第5回生体分子科学シンポジウム, 京都大学iCeMS本館, 2019.7.2 Tags: 築地A01
  157. 築地真也, 細胞内分子の局在を操るケミカルツール, 第38回分子病理学研究会淡路シンポジウム, 淡路島夢舞台国際会議場, 2019.7.19–20 Tags: 築地A01
  158. 築地真也, 人工メンブレンレスオルガネラによる細胞内シグナル操作, 蛋白質研究所セミナー「液ー液相分離の新淡路島夢舞台国際会議場たな展開へ向けて」, 大阪大学蛋白質研究所, 2019.9.12–13 Tags: 築地A01
  159. Shinya Tsukiji, Chemical control of protein localization in the multimolecular cellular space, 第57回日本生物物理学会年会, 宮崎県シーガイアコンベンションセンター, 2019.9.24–26 Tags: 築地A01
  160. Shinya Tsukiji, SLIPT: a chemical approach for controlling protein localization and mammalian cell signaling 2nd WPI-NanoLSI Special Seminar –Frontiers in Chem-Bio–, 金沢大学自然科学図書館棟大会議室, 2020.1.30 Tags: 築地A01
  161. 築地真也, 細胞内シグナル分子操作の新基盤となる人工タンパク質クラスター技術, 日本薬学会第140年会, 国立京都国際会館他, 2020.3.25–28 Tags: 築地A01
  162. 築地真也, SLIPT:タンパク質局在と細胞内シグナルを操る化学遺伝学テクノロジー, 第72回日本細胞生物学会大会, 京都みやこめっせ, 2020.6.9–11 Tags: 築地A01
  163. 浜地 格, 細胞環境に依存した Proteome 解析の新手法 New chemical methods for conditional proteomics., 第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 (神戸国際会議場、神戸国際展示場) 2019.6.24-26
    Tags: 浜地A01
  164. Itaru Hamachi, Imaging and Function of Self-sorted Supramolecular Fibers, 2019 US-Japan Polymer Symposium:- Macromolecules: Challenges and Opportunities for the 21st Century, Stanford University, U.S.A., 2019.6.18-21
    Tags: 浜地 A01

  165. 浜地 格, タンパク質群動態解析のためのケミカルプロテオミクス, 日本分析化学会第68年会,千葉大学 西千葉キャンパス, 2019.9.11
    Tags: 浜地 A01

  166. Itaru Hamachi, Chemical protein labeling and beyond, Bayer Life Science Workshop “Chemical Biology – Jointly Exploring New Frontiers”, Marriott Courtyard Berlin City Center Hotel, GERMANY, 2019.9.23-24
    Tags: 浜地 A01

  167. 浜地 格, 細胞夾雑系でのタンパク質有機化学に挑む, 第9回CSJ化学フェスタ2019, タワーホール船堀, 2019.10.15-17
    Tags: 浜地 A01

  168. 田村 朋則, オルガネラ膜脂質の蛍光ラベリングと細胞内動態イメージング,
    新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回 関東地区シンポジウム, 東京大学 弥生キャンパス セイホクギャラリー, 2019.10.15
    Tags: 浜地 A01

  169. Itaru Hamachi, Chemical labeling of endogenous proteins in live cell conditions, The 2019 Cold Spring Harbor Asia Conference on Chemical Biology and Drug Discovery, The Suzhou Dushu Lake Conference Center, CHINA, 2019.10.28-11.1
    Tags: 浜地 A01

  170. 浜地 格, 生細胞有機化学を基軸としたタンパク質その場解析のための分子技術, 「分子技術」シンポジウム〜未来に続く、極限のものづくり〜, JPタワーホール&カンファレンスルーム, 2019.11.15
    Tags: 浜地 A01

  171. 浜地 格, 分子夾雑系でのタンパク質有機化学, 有機合成化学研究所第34回講演会, 京都大学 桂キャンパス, 2019.11.21
    Tags: 浜地 A01

  172. Itaru Hamachi, Organic chemistry of biomolecules in live cells/tissues, The Forth A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub, TKP SENDAI, JAPAN, 2019.11.18-21
    Tags: 浜地 A01

  173. Ryou Kubota, Adaptive supramolecular double network hydrogels formed by self-sorting self-assembly, SPIRITS international symposium – Shaping self-assembled mesoscale (bio)materials with microengineering, Kyoto University, JAPAN, 2020.2.6

  174. Tomonori TAMURA, Development of novel methods for chemical modification of endogenous proteins in living cells,日本化学会 第100春季年会, 東京理科大学 野田キャンパス, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01
  175. 窪田 亮, 生命模倣の多成分系超分子ヒドロゲル, 日本化学会 第100春季年会 「若い世代の特別講演」, 東京理科大, 2020.3.22-25
    Tags: 浜地 A01

  176. 湯川 博, 量子ナノ材料による移植幹細胞in vivo蛍光イメージングと再生医療への貢献, 2019年度神戸再生医療勉強会, 神戸臨床研究情報センター(TRI), 2019.5.15
    Tags: 馬場 A03
  177. 湯川 博, 馬場嘉信 , 量子ナノ材料による急性肝不全マウスに対する移植幹細胞intra-vital, 蛍光イメージング 日本分子イメージング学会 第14回学会総会・学術集会 北海道立道民活動センター, かでる2.7,2019.5.24
    Tags: 馬場 A03
  178. 安井隆雄, 尿中microRNA解析によるがん診断, 大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアム, 令和元年度 第2回ナノ理工学情報交流会「人生100年時代に求められるヘルステック」, 大阪大学 豊中キャンパス, 2019.9.9
    Tags: 馬場 A03
  179. T. Yasui, Nanowires meet microarray and AI for urine liquid biopsy, Nanowire week 2019, Thailand, 2019.9.25
    Tags: 馬場 A03
  180. 湯川 博, 量子ナノ材料によるiPS細胞イメージングと再生医療への貢献, 2019年度中部談話会 見学講演会 -日本の粉体産業を支える研究・技術- , 自然科学研究機構分子科学研究所, 2019.9.9
    Tags: 馬場 A03
  181. 湯川 博, 量子ナノ光学に基づく最先端イメージング診断技術の医学応用, in vivoイメージングフォーラム2019~第14回IVISユーザー会~, グランドホール品川, 2019.9.13
    Tags: 馬場 A03
  182. 小野島 大介, 分子夾雑で細胞を識別する, CSJ化学フェスタ2019文部科学省科研費新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」特別企画:細胞の中身を化学する!, タワーホール船堀, 2019.10.15
    Tags: 馬場 A03
  183. 小野島 大介, 細胞の分子夾雑に基づく分類解析デバイスの開発, 新学術領域「分子夾雑の生命化学」第2回関東地区シンポジウム , 東京大学弥生キャンパスセイホクギャラリー, 2019.10.16
    Tags: 馬場 A03
  184. 湯川 博, 量子ナノ光学が導くiPS細胞イメージングと再生医療への貢献, 第4回最先端イメージングセミナー, 岡山大学 鹿田キャンパス, 2019.11.18
    Tags: 馬場 A03
  185. 湯川 博, 量子ナノ材料による移植幹細胞in vivo蛍光イメージングと再生医療への貢献, 日本薬物動態学会 第34回年会 ,つくば国際会議場, 2019.12.12
    Tags: 馬場 A03
  186. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス、量子技術とAIが拓く未来医療・ヘルスケア, アステラス製薬株式会社 社外講師講演会(沼津), 2020.1.23
    Tags: 馬場 A03
  187. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Future Medicine, Nanotechnologies for 21st Century, Cooperation Event Between Albania, Japan And Spain (Tokyo)  2020.1.29
    Tags: 馬場 A03
  188. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス、量子技術、AIが拓く次世代医療・ヘルスケア, 次世代バイオナノ研究会(東京) 2020.2.17
    Tags: 馬場 A03
  189. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス、量子技術とAIが拓く未来医療・ヘルスケア, 日本毒性学会(仙台) 2020.7.1
    Tags: 馬場 A03
  190. 大塚洋一, Mass spectrometry imaging of human heart tissue by scanning probe electrospray ionization with feedback control system,サントリー生命科学財団生物有機科学研究所シンポジウム, 2020.1.17
    Tags: 大塚 A03
  191. 大塚洋一, 細胞や組織の化学状態を捉える大気圧サンプリングイオン化質量分析法の開発, 第80回分析化学討論会, 北海道教育大学 , 2020.5.26
    Tags: 大塚 A03
  192. 大塚洋一, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発と生体組織の多次元化学情報計測, 日本顕微鏡学会第76回学術講演会, 大阪国際交流センター 2020.5.28
    Tags: 大塚 A03
  193. 大塚洋一, 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発研究, 第166回, 質量分析関西談話会,  Zoom, 2020.7.18
    Tags: 大塚 A03
  194. Y. Otsuka, Scanning probe electrospray ionization: fusion of SPM with mass spectrometry, 28th international colloquium on scanning probe microscopy, Zoom, 2020.12.10
    Tags: 大塚 A03
  195. 浜地 格, 生体夾雑系のタンパク質有機化学が目指すもの, 第五回ケムステVシンポジウム(オンライン), 2020.7.7
    Tags: 浜地 A01
  196. 窪田 亮, 細胞から着想を得た直交性超分子ポリマーの共焦点観察と機能, CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形 (オンライン), 2020.7.31.
    Tags: 浜地 A01
  197. 浜地 格, バイオで日本を洗濯ぜよ!…ん?.., 化学フェスタ第10回記念企画~化学版 関ケ原の合戦~(オンライン), 2020.10.20.
    Tags: 浜地 A01
  198. 田村 朋則, 生命金属関連タンパク質同定のためのケミカルプロテオミクス法の開発, 

    第93回日本生化学会大会 (オンライン), 2020.9.14-16.
    Tags: 浜地 A01

  199. 浜地 格, Chemical modification of endogenous proteins in living systems, 第57回ペプチド討論会(オンライン), 2020.11.9-11.
    Tags: 浜地 A01
  200. Itaru Hamachi, Protein Organic Chemistry in Live Cells/Neuron/Brain, RSC Desktop Seminar (on line), 2020.9.17.
    Tags: 浜地 A01
  201. Itaru Hamachi, Protein organic chemistry in live cells and beyond, Xingda Lecture (Peking University, CHINA) (on line), 2020.11.20.
  202. 浜地 格, 分子夾雑の化学・超分子化学, 2020年度ダイナミック・アライアンス合同ウェブ分科会(オンライン), 2020.11.27.
    Tags: 浜地 A01
  203. Itaru Hamachi, Analysis and Control of Proteins Function in Cells by Coordination Chemistry, Metals in Biology and Medicine :From Molecular Image to Drug Resistance (The University of Hong Kong) (on line). 2020.12.10-12.
    Tags: 浜地 A01
  204. 田村 朋則, 細胞内有機化学に基づく新規ケミカルプロテオミクス法の開発, 第16回 日本臨床プロテオゲノミクス研究会(オンライン), 2020.12.12
    Tags: 浜地 A01
  205. 馬場 嘉信、細胞外微粒子の研究を加速する分析化学, 日本分析化学会第69年会(名古屋)(オンライン)
    2020.9.16
    Tags: 馬場 A03
  206. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスとAIが拓く次世代感染症対策, メディカル・デバイス産業振興協議会 筒井宣政基金記念事業 (名古屋) 2020.11.20
    Tags: 馬場 A03
  207. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technologies, and AI for Molecular Imaging and Future Healthcare
    FASMI-2020: Federation Asia Society of Molecular Imaging International Conference (Taipei, Taiwan) (on line) 2020.11.20
    Tags: 馬場 A03
  208. Y. Baba, Nanobiosensors and Quantum Biosensors for Future Healthcare, Nanotech business Japan~Holland webinars 2020, 2020.11.25
    Tags: 馬場 A03
  209. 馬場嘉信, ナノテクノロジーとAIが拓く未来医療, 第108回日本泌尿器科科学会総会(神戸) (オンライン) 2020.12.22
    Tags: 馬場 A03
  210. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Future Healthcare, SANKEN International Symposium (Osaka)(on line),  2021.1.9
    Tags: 馬場 A03
  211. 武森信曉, Gel-Based Top-Down Proteomics: プロテオミクス研究領域におけるポリアクリルアミドゲル電気泳動の新規活用法(オンライン) 2020.11.13.
    Tags: 武森 A03
  212. 松浦和則,分⼦設計ペプチドによるナノ制御システムの創成,分子夾雑の生命化学 第1回東海地区シンポジウム(名古屋工業大学) 2020.10.26 
    Tags: 松浦 A02
  213. 松浦和則,分子設計ペプチドでナノ構造を創る・制御する,岐阜大学 生命化学コース セミナーシリーズ(オンライン) 2021.1.12
    Tags: 松浦 A02
  214. 馬場嘉信, Flagshipプロジェクト「量子生命技術の創製と医学・生命科学の革新」, 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)第3回シンポジウム(オンライン)  2021.2.22
    Tags: 馬場 A03
  215. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術が拓くいきいき百歳社会, 中部経済同友会(オンライン)    2021.3.12
    Tags: 馬場 A03
  216. 馬場嘉信, ナノバイオデバイスによるバイオ計測化学・バイオ医工学の革新, 日本化学会第101春季年会(オンライン) 2021.3.20
    Tags: 馬場 A03
  217. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Future Healthcare, The International Symposium on Microfluidics and BioMEMS (On-line)  2021.4.23
    Tags: 馬場 A03
  218. 馬場嘉信, 2100年のマイクロ・ナノフルイディクス, 化学とマイクロ・ナノシステム学会第43回研究会(オンライン) 2021.5.17
    Tags: 馬場 A03
  219. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術が拓く未来医療, ナノ学会第19回大会(オンライン) 2021.5.20
    Tags: 馬場 A03
  220. Y. Baba, Solid-State Nanopore Platform Integrated with Machine-Learning for Digital Diagnosis of Virus Infection, ACS Publications Symposium: Innovation in Measurement Science (On-line)  2021.6.23
    Tags: 馬場 A03
  221. 1484. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technologies, and AI for Future Healthcare, Third International Conference of Microfluidics, Nanofluidics and Lab-on-a-Chip (ICMFLOC2020) (Shenzhen, China) ( On-line )2021.7. 8-10
    Tags: 馬場 A03
  222. Hiroyuki Nakamura, Protein Engineering Using Chemical Labeling Technology, International Conference of Material Design and Applications (ICMDA) 2019, 東京工業大学,April 13-15, 2019
    Tags: 中村 A01

  223. 中村浩之、反応有機化学から生命分子夾雑科学へ、第30回記念 万有仙台シンポジウム、2019.6.29
    Tags:中村 A01
  224. Hiroyuki Nakamura,Tyrosine-Specific Protein Chemical Labeling,ICPAC Yangon 2019 (Yangon, Myanmar), August 6-9, 2019
    Tags:中村 A01
  225. Hiroyuki Nakamura,Site-selective Protein Chemical Modification Using Tyrosine Click Reaction
    Asian Chemical Congress (ACC 2019),Taipei,December 8-12, 2019
    Tags:中村 A01
  226. Hiroyuki Nakamura,Development of Protein Chemical Labeling: From Target Identification to Cancer Therapy,The 21st RIES-Hokudai International Symposium,online, Sapporo,December 10-11, 2020
    Tags:中村 A01
  227. 武森信曉, Gel-Based Proteomicsの新戦略 −トップダウン質量分析とSDS-PAGEの融合− 第18回北里疾患プロテオーム研究会(オンライン) 2021.03.19.
    Tags: 武森 A03
  228. 武森信曉, PEPPI-MS: トップダウンプロテオミクスのためのサンプル前分画ワークフロー 第72回日本電気泳動学会総会(オンライン) 2021.07.15.
    Tags: 武森 A03
  229. Kazunori Matsuura, Encapsulation of Proteins and Nanoparticles using Tau-derived Peptide into Microtubules, The 18th Akabori Conference (German-Japanese Symposium on Peptide Science), Online, 2021.3.8.
    Tags: 松浦 A02
  230. 松浦和則, 分子設計によるウイルス様ペプチドナノカプセルと微小管内部結合ペプチドの創製, Tottori Basic Research Forum, 鳥取大学病院, 2021.4.19.
    Tags: 松浦 A02
  231. 築地真也, SLIPT:タンパク質局在と細胞内シグナルを操る化学ツール, 第8回“光”機到来!Qコロキウム, オンライン, 2020.10.30
    Tags: 築地A01
  232. 築地真也, 細胞空間のタンパク質局在を操るケミカルバイオロジー, 大阪府立大学第5回創薬科学研究所セミナー・第111回生物科学フロンティアセミナー, オンライン, 2020.12.18
    Tags: 築地A01
  233. 築地真也, 人工タンパク質コンデンセートを用いた細胞内タンパク質活性操作, 日本薬学会第141年会 一般シンポジウム「薬学における生命指向型化学(機能性分子を基軸とした生命現象の可視化・解明)」, オンライン, 2021.03.29
    Tags: 築地A01
  234. 築地真也, 細胞内分子活性を制御する人工タンパク質コンデンセート, 第21回蛋白質科学会年会 ワークショップ「タンパク質の液液相分離計測、制御、応用」, オンライン, 2021.06.17
    Tags: 築地A01
  235. 築地真也, 光応答型局在性リガンドによる細胞内シグナル時空間光操作, 第43回日本光医学・光生物学会 シンポジウム「光機能分子の最前線〜光と分子ができること〜」, オンライン, 2021.07.02
    Tags: 築地A01
  236. Shinya Tsukiji, Chemical control of subcellular protein localization using synthetic self-localizing ligands, , FIBER核酸化学ユニバース2, 2021.07.21
    Tags: 築地A01
  237. Shinji Kajimoto and Takakazu Nakabayashi, Label-free visualization of intracellular temperature by using water Raman band, 18th International Conference on Flow Dynamics, Online, 2021.10.27-29
    Tags: 梶本A02
  238. Itaru Hamachi, Chemical labelling for control of endogenous protein in live cells, RSC Chemical Biology & Bio-Organic Group Forum(on line / UK) 2021.1.7–8
    Tags: 浜地 A01

  239. Itaru Hamachi, Bioorthogonal chemical modification of endogenous proteins and beyond,
    Ulsan National Institute of Science & Technology(on line / KOREA) 2021.4.13
    Tags: 浜地 A01

  240. Itaru Hamachi, Chemistry for selective modification of endogenous proteins in living systems,
    IMPRS-LM PhD Symposium(on line / GERMANY) 2021.4.23
    Tags: 浜地 A01

  241. Itaru Hamachi, Ligand-Directed Labeling of Endogenous Proteins in Live Cells, 56th International Conference on Medicinal Chemistry (RICT 2021) (on line / FRANCE) 2021.7.7
    Tags: 浜地 A01

  242. Itaru Hamachi, Chemical labeling of biomolecules in live cells and beyond, Seminar at Numata Laboratory, RIKEN (on line / JAPAN) 2021.7.27
    Tags: 浜地 A01

  243. Itaru Hamachi, Bioorthogonal Protein labeling in live cells and beyond, RSC – IISER Desktop Seminar with ChemComm (on line / INDIA) 2021.8.5
    Tags: 浜地 A01

  244. Itaru Hamachi, Design of stimuli-responsive short peptide fibers, EMBO Workshop: Designing functional biomolecular assemblies: Beyond biology (on line / SLOVENIA) 2021.9.30
    Tags: 浜地 A01

  245. 浜地 格, ケミカルラベルで細胞を覗く分子技術/Molecular technology relied on chemical labeling for unveiling cellular events, 第73回日本細胞生物学会大会(オンライン)2021.6.30
    Tags: 浜地 A01

  246. 浜地 格, 分子夾雑な生体系の化学を目指して, 生体機能関連化学部会 若手の会 第32回 サマースクール(オンライン)2021.7.16
    Tags: 浜地 A01

  247. 浜地 格, 細胞分子夾雑系の有機化学, 第15回分子科学討論会(オンライン)2021.9.18
    Tags: 浜地 A01

  248. 浜地 格, 金属イオン応答性タンパク質ラベル化剤の開発とChemical biology, 第32回日本微量元素学会学術集会(オンライン)2021.10.15
    Tags: 浜地 A01

  249. 浜地 格, 合成プローブで、生体系でのタンパク質機能を探る, 第35回農薬デザイン研究会(オンライン)2021.11.12
    Tags: 浜地 A01

  250. 浜地 格, 分子夾雑の生命化学が目指すもの, 3新学術領域合同シンポジウム(オンライン)2021.11.22
    Tags: 浜地 A01

  251. 浜地 格, 脳内有機化学の試み, 学術変革領域(B)脳分子探査キックオフシンポジウム(オンライン)2021.12.1
    Tags: 浜地 A01

  252. 浜地 格, 分子夾雑の化学で生命現象に挑む, 第21回東北大学多元物質科学研究所研究発表会(東北大学 片平さくらホール)2021.12.9
    Tags: 浜地 A01

  253. 窪田 亮, セルインスパイアード超分子マテリアルの可視化と機能開拓/Visualization and Functional Development of Cell-inspired Supramolecular Materials, 日本化学会 第101春季年会(オンライン)2021.3.19–22
    Tags: 浜地 A01

  254. 窪田 亮, 刺激応答性超分子ファイバーによるCell-inspired非平衡パターニング, 第5回ABC-InFO講演会(オンライン)2021.7.30
    Tags: 浜地 A01

  255. 野中 洋, 生物個体での生体分子解析を目指した分子技術への挑戦, 第52回 構造有機化学若手の会 夏の学校(オンライン)2021.8.6
    Tags: 浜地 A01

  256. Tomonori Tamura, Ligand-directed NASA chemistry for rapid protein labeling and covalent inhibition, ICBS 2021:Looking towards the next decade of chemical biology (on line / U.S.A.) 2021.11.12
    Tags: 浜地 A01

  257. 土谷 正樹, オルガネラ選択的脂質ラベル化法を用いた脂質動態観察と遺伝子探索, 第4回 Organelle zone seminar(オンライン)2021.11.12
    Tags: 浜地 A01

  258. 窪田 亮, 生命から着想した超分子化学:多成分系と非平衡散逸系, 第6回有機若手ワークショップ(オンライン)2021.11.16
    Tags: 浜地 A01

  259. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術が拓く未来医療, 持続社会発展のための機能化学研究委員会(オンライン), 2021.7.26
    Tags: 馬場 A03
  260. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術が拓く未来医療,  JMAC定例会(オンライン)2021.7.27
    Tags: 馬場 A03
  261. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術が拓く未来医療, 東名産学官・医連携研究会(オンライン) 2021.8.4
    Tags: 馬場 A03
  262. 馬場嘉信, マテリアルDXプラットフォームにおける次世代バイオマテリアル研究開発, 持続社会発展のための機能化学研究委員会(オンライン) 2021.10.11
    Tags: 馬場 A03
  263. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス、量子技術とAIが拓く未来医療, 日本学術振興会R031「ハイブリッド量子ナノ技術委員会」, 東京, 2021.11.16
    Tags: 馬場 A03
  264. 馬場嘉信, 医療技術から見たバイオアダプティブ材料への期待, JST CRDSバイオアダプティブ材料ワークショップ(オンライン) 2021.12.3
    Tags: 馬場 A03
  265. 馬場嘉信, ナノバイオデバイス・AI・量子技術によるバイオ計測化学・バイオ医工学の革新, 名古屋大学技術部特別講演会および技術部研修報告会(オンライン) 2021.12.10
    Tags: 馬場 A03
  266. Y. Baba, Nanobiodevices, Nano-separations, and AI for Future Healthcare, Pacifichem 2021 (Online) 2021.12.19
    Tags: 馬場 A03
  267. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Future Medicine, Pacifichem 2021 (Online) 2021.12.20
    Tags: 馬場 A03
  268. 有馬彰秀, ナノバイオデバイスを用いた単一生体粒子検出, 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 研究会 「時代を切り拓く有機分子・バイオエレクトロニクス研究」(応用物理学会M&BE研究会)
    (オンライン) 2021.6.24
    Tags: 馬場 A03
  269. 湯川博, 量子ナノマテリアルによる最先端イメージング計測と薬学・医学応用, 第43回日本バイオマテリアル学会大会・第8回アジアバイオマテリアル学会 (43JSB・8ABMC), シンポジウム「異分野癒合バイオマテリアル研究の最前線」, 名古屋国際会議場, 2021.11.29
    Tags: 馬場 A03
  270. 湯川博, ナノ量子センサによる移植幹細胞in vivo蛍光イメージングと再生医療への応用, 日本薬物動態学会第36回年会 シンポジウム1 「細胞加工製品の新境地を招く薬物動態研究」(オンライン) 2021.11.17
    Tags: 馬場 A03
  271. 湯川博, 量子ドットによる透明化保存肝臓内の網羅的移植膵島イメージング技術の開発, 第47回日本臓器保存生物医学会学術集会(オンライン) 2021.11.13
    Tags: 馬場 A03
  272. 湯川博, 量子ナノセンサーによる生体内がん細胞イメージング技術の創成, 第80回日本癌学会学術総会, シンポジウム21「光が招く次世代イメージングツール」(オンライン)2021.10.2
    Tags: 馬場 A03
  273. 安井隆雄, 細胞外小胞のリキッドバイオプシーへの展開, 第44回日本分子生物学会年会, 横浜, 2021.12.2 
    Tags: 馬場 A03
  274. 安井隆雄, 異分野融合研究を推進するナノデバイス, GTRリトリート2021 (オンライン) 2021.10.15
    Tags: 馬場 A03
  275. 有馬彰秀, ナノバイオデバイスによるイオン電流計測に基づく単一粒子分析法の開拓, 第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (オンライン), 2021/10/31, 
    Tags: 馬場 A03
  276. 福山真央, ナノ・マイクロサイズの分析化学 ~微小現象の理解に向けて~, 第8回 V-iCliniX講座セミナー (オンライン) 2021.11.15
    Tags: 福山 A03
  277. Mao Fukuyama, Micelle manipulation for biochemical microanalyses using microdroplets, Pacifichem 2021 (Online) 2021.12.20
    Tags: 福山 A03
  278. 福山真央, ナノ・マイクロの界面現象を利用した分析化学, 第五回松ヶ崎サイエンスフォーラム (オンライン) 2021.1.8
    Tags: 福山 A03
  279. 築地真也, 細胞内の分子局在を操作するケミカルアプローチ, 第8回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム, オンライン, 2021.09.03
    Tags: 築地A01
  280. 築地真也, 生細胞内シグナルを操作する分析法, 第31回基礎及び最新の分析化学講習会―最先端生命科学領域における分析化学―, オンライン, 2021.11.09
    Tags: 築地A01
  281. Shinya Tsukiji, Chemical tools for manipulating signaling proteins and lipids on organelle membranes, 第59回日本生物物理学会 シンポジウム「生体膜機能の人工制御化に有用な新アプローチと生物物理呼応,オンライン,2021.11.26
    Tags: 築地A01
  282. 築地真也, 生細胞内タンパク質活性を操作する人工メンブレンレスオルガネラ, 第31回日本MRS年次大会 シンポジウム「先導的スマートインターフェースの確立」, オンライン, 2021.12.15
    Tags: 築地A01
  283. Yasuo Uchida, P-glycoprotein activation at the blood-brain barrier as a new potential therapy of brain infarct, the 23rd North American ISSX and 35th JSSX Meeting, Hawai, October 4 – 8, 2020
    Tags: 内田A03
  284. Yasuo Uchida, Next generation quantitative proteomics opens up the new fields of CNS barrier studies, Cerebral Vascular Biology Conference, June 18-23, 2020 Uppsala
    Tags: 内田A03
  285. Yasuo Uchida, 定量プロテオミクスに基づく血液脳関門の輸送機能および病態変動機構の解明、日本薬学会 第140年会、2020年3月、国立京都国際会館
    Tags: 内田A03
  286. 大塚洋一, ピコリットル液体を用いる質量分析イメージング技術の研究開発  R026先端計測技術の将来設計委員会 第4回研究会(オンライン), 2021.4.20
    Tags: 大塚 A03

  287. 大塚洋一,走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法による生体組織内多次元化学分布情報計測, 第21回日本蛋白質科学会年会(オンライン), 2021.6.16
    Tags: 大塚 A03

  288. Daisuke Miyoshi
    Liquid-liquid phase separation of nucleic acids depending on their structure
    The 8th Japan-China Symposium on Nanomedicine
    オンライン 2021/6
    Tags: 杉本 A02

  289. Daisuke Miyoshi
    Phase separation of G-quadruplex nucleic acids and arginine-rich peptides
    European Materials Reasearch Society Spring Meeting 2021
    オンライン 2021/6
    Tags: 杉本 A02

  290. 三好大輔
    細胞内環境における核酸の四重らせん構造
    第47回生体分子科学討論会
    オンライン(兵庫県立大)2021/6
    Tags: 杉本 A02

  291. 三好 大輔
    核酸の非標準構造の水和と相分離
    第70回高分子討論会
    オンライン 2021/9
    Tags: 杉本 A02

  292. Keiko Kawauchi, Takeru Torii, Hisae Karimata Tateishi, Naoki Sugimoto, Takahito Nishikata, Daisuke Miyoshi
    Structural alterations in ribosomal DNA under nucleolar stress
    The 44th Annual Meeting of Molecular Biology Society of Japan, Pacifico Yokohama, Kanagawa 2021/12
    Tags: 杉本 A02

  293. Daisuke Miyoshi, Mitsuki Tsuruta, Takeru Torii, Nagisa Takamiya, Satoru Shoji, Keiko Kawauchi
    Hydration and Phase Separation of Nucleic Acids Depending on Their Structure
    Material Research Meeting 2021, Pacifico Yokohama, Kanagawa
    2021/12
    Tags: 杉本 A02

  294. 三好 大輔
    核酸の非標準構造の水和と相分離
    第70回高分子討論会
    オンライン 2021/9
    Tags: 杉本 A02

  295. Keiko Kawauchi, Takeru Torii, Hisae Karimata Tateishi, Naoki Sugimoto, Takahito Nishikata, Daisuke Miyoshi
    Structural alterations in ribosomal DNA under nucleolar stress
    The 44th Annual Meeting of Molecular Biology Society of Japan, Pacifico Yokohama, Kanagawa 2021/12
    Tags: 杉本 A02

  296. Daisuke Miyoshi, Mitsuki Tsuruta, Takeru Torii, Nagisa Takamiya, Satoru Shoji, Keiko Kawauchi
    Hydration and Phase Separation of Nucleic Acids Depending on Their Structure
    Material Research Meeting 2021, Pacifico Yokohama, Kanagawa
    2021/12
    Tags: 杉本 A02

  297. Kazunori Matsuura
    Protein-decorated artificial viral capsids self-assembled from beta-annulus peptides.
    PACIFICHEM (online) 2021/12
    Tags: 松浦 A02
  298. 松浦和則
    化学でウイルスレプリカを合成する
    ウイルス若手研究集会 2021(オンライン)2021/12
    Tags: 松浦 A02
  299. 松浦和則
    光誘起非対称ペプチドナノファイバー成長による走光性DNA 集合体
    光・量子デバイス研究会(オンライン)2021/6
    Tags: 松浦 A02
  300. Noritada Kaji
    Single cell palpation device for a novel non-labeling and non-destructive cell analytical technique PACIFICHEM2021, 2021/12/21, Onl-line
    Tags: 加地 A03
  301. Noritada Kaji
    Continuous separation and modification of extracellular vesicles in micro and nanofluidic devices
    PACIFICHEM2021, 2021/12/19, Onl-line
    Tags: 加地 A03

  302. Noritada Kaji
    A single cell analysis technique on a chip for cancer research
    China-Japan-Korea Scientific Instrument Development Forum (The 23rd Annual Meeting of the Chinese Association of Science and Technology), 2021/7/27, Beijing, China (A hybrid event together with in-person and virtual attendees)
    Tags: 加地 A03
  303. Noritada Kaji
    A single cell mechanical assay on a chip, Noritada Kaji, e-MSB 2021 (37th International Symposium on Microscale Separations and Bioanalysis), 2021/7/14, Virtual Edition
    Tags: 加地 A03

  304. 加地範匡
    オンチップ単一細胞センシング
    CHEMINAS44, Future Technologies from Himeji 合同招待セッション、2021年11月10日、オンライン
    Tags: 加地 A03

  305. 加地範匡
    マイクロ流体デバイスを用いた単一細胞解析アプローチ
    ナノ・マイクロ化学分析研究懇談会、日本分析化学会第70年会、2021年9月24日、オンライン
    Tags: 加地 A03

  306. 加地範匡
    単一細菌・単一細胞の電気的センシング技術の開発
    電気化学会電気化学セミナーC, オンライン, 2020/11/6 (2020)
    Tags: 加地 A03

  307. 加地範匡
    非標識・非破壊単一細胞分析法の開発
    分析化学討論会, 札幌, 2020/5/23 (2020)Tags: 加地 A03

  308. 加地範匡
    マイクロ・ナノバイオテクノロジーによる単一分子・単一細菌・単一細胞解析
    徳島大学大学院 医歯薬学研究部・BRIGHT合同公開シンポジウム, 徳島, 2020/12/14 (2020)
    Tags: 加地 A03
  309. 加地範匡
    単一細胞解析デバイスの開発, 日本分析化学会 第69年会, 名古屋(オンライン), 2020/9/17 (2020)
    Tags: 加地 A03
  310. 加地範匡
    utasによる化学・生化学分析 ~「単一」粒子解析から「単一」細胞解析まで~, 東北大学非常勤講師, 仙台, 2020/01/29 (2020)
    Tags: 加地 A03
  311. 加地範匡
    単一分子解析から単一細胞解析へ:マイクロ流体デバイスで何ができるか?, 分子ナノテクノロジー第174委員会 第67回研究会, 横浜, 2019/12/11 (2019)
    Tags: 加地 A03
  312. 加地範匡
    マイクロ流体デバイスによる単一細胞解析, 第80回応用物理学会秋季学術講演会, 札幌, 2019/9/21 (2019)
    Tags: 加地 A03
  313. 加地範匡
    インタラクティブバイオ界面デバイスの開発
    第79回分析化学討論会, 北九州, 2019/5/18 (2019)
    Tags: 加地 A03
  314. 加地範匡
    単一細胞センシング技術を用いたバイオ分析から環境分析まで, 平成31年度第1回 生物医化学セミナー, 東京, 2019/4/12 (2019)
    Tags: 加地 A03
  315. 加地範匡
    マイクロ流体デバイスによる単一細胞センシング, 第69回中国四国産学連携化学フォーラム, 東広島, 2019/4/5 (2019)
    Tags: 加地 A03
  316. Noritada Kaji, Yuya Hattori, Ttaisuke Shimada, Takao Yasui, Yoshinobu Baba
    Electroosmotic flow-driven continuous separation of extracellular vesicles in nanopillar array chips
    HPLC2019 Kyoto (49th International symposium on high perfomance liquid phase separations and related techniques), Kyoto, Japan, 2019/12/5 (2019)
    Tags: 加地 A03
  317. Noritada Kaji
    Mechanical phenotyping of a single cell by microfluidic devices
    The 8th International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices
    BioMEMS/NEMS & Applilcations 2019 (BioApps2019), kagoshima, Japan, 2019/12/19 (2019)
    Tags: 加地 A03
  318. Noritada Kaji
    Microfluidic devices for bioanalysis: A new mechanical phenotyping of cells and extracellular vesicles analysis
    International symposium between National University of Singapore and Kyushu University, Fukuoka, Japan, 2019/11/29 (2019)
    Tags: 加地 A03
  319. Noritada Kaji
    Interactive biodevices for sensing a single cell
    The Second International Workship by the 174th Committee JSPS on Symbiosis of Biology and Nanodevices, Kyoto, Japan, 2019/1/29 (2019)
    Tags: 加地 A03
  320. 加地範匡
    1細胞パルペーションデバイスの開発
    分析化学会年会, 仙台, 2018/9/12 (2018)
    Tags: 加地 A03
  321. Noritada Kaji
    Micro and nano-sensing techniques for the diagnosis of bacteria and cells
    International Conference on Nanomaterials and Nanotechnology, London, UK, 2018/10/29 (2018)
    Tags: 加地 A03
  322. Noritada Kaji
    An assessment of mesenchymal stem cell properties by ionic current detection system in microfluidic devices
    RSC Tokyo Inernational Conference 2018 ~Future of Single Cell Analysis~ International Conference Session, JASIS Conference, Makuhari, Japan, 2018/9/7 (2018)
    Tags: 加地 A03
  323. Noritada Kaji
    Electrical sensing of a single bacterium and cell by microfluidic devices
    Research Forum: “Novelty in analytical method for diagnositic and biomarker detection”, Bangkok, Thailand, 2018/7/23 (2018)
    Tags: 加地 A03
  324. 馬場嘉信, ナノテクノロジーとライフサイエンスの融合, JST CRDS俯瞰ワークショップ ライフサイエンスとナノテク・材料の融合により拓く新領域(東京・オンライン), 2022/1/20
    Tags: 馬場 A03
  325. Y. Baba, Nanobiodevices, Quantum Technology, and AI for Chemistry for Multimolecular Crowding Biosystems, 2nd International Symposium on Chemistry for Multimolecular Crowding Biosystems (CMCB 2022) , Tokyo, 2022/1/26
    Tags: 馬場 A03
  326. 馬場嘉信, ナノバイオAIデバイスと量子生命科学が拓く未来医療, Q-LEAPシンポジウム, 東京, 2022/2/15
    Tags: 馬場 A03
  327. H. Tateishi-Karimata,Regulation transcription by DNA structures responsive chemical stimulus in cells Pacifichem2021
    オンライン 2021年12月16~21日
    Tags:杉本 A02
  328. H.Tateishi-Karimata
    Roles of G-quadruplexes in cancer cells on multi-dimensional response genome
    Nucleic Acid Secondary Structures G4s and Beyond, G4 webinar series Round VI
    オンライン 2021年11月11日
    Tags:杉本A02
  329. H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto
    Roles of non-canonical DNA structures in cancer cells on mechanism of dimensional response genome
    International Conference on Chemical and Environmental Sciences 2021 (ICCAES 2021) 
    オンライン 2021年12月17~19日
    Tags:杉本A02
  330. 毛利一成, 走査型共焦点顕微鏡を用いたFCS法によるストレス顆粒内外の分子動態観察光塾(オンライン)2021/9/28
    Tags: 毛利A02

  331. 林剛介, 第93回日本生化学会大会(2020年9月14日 オンライン)「タンパク質化学合成技術を駆使した修飾タンパク質の創製と生化学研究への展開」
    Tag: 林A01
  332. 林剛介, 令和3年度 有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー(2021年8月 オンライン)「タンパク質を全合成するための最先端分子技術」
    Tags: 林A01
  333. 林剛介, 第11回CSJ化学フェスタ2021(2021年10月20日 オンライン)「もう今はタンパク質もつくれます」
    Tags: 林A01
  334. 林剛介, 第25回VBLシンポジウム(2021年11月26日 オンライン)「タンパク質に代表されるポリアミド型定序配列分子の化学合成」
    Tags: A01林
  335. 林剛介, 第44回日本分子生物学会年会(2021年12月2日 パシフィコ横浜)「有機化学と進化分子工学を活用したユビキチンケモテクノロジー」
    Tags: A01林
  336. Gosuke Hayashi, PACIFICHEM2021(2021年12月19日 online)「Advanced Chemical Synthesis of Modified Histone Proteins for Epigenetic Research」
    Tags: A01林
  337. Gosuke Hayashi, PACIFICHEM2021(2021年12月21日 online)「New Peptide Ligation Techniques for Enhanced Chemical Protein Synthesis」
    Tags: A01林
  338. Gosuke Hayashi, PACIFICHEM2021(2021年12月22日 online)「Fluorophore-labeled Synthetic Histone Proteins for Investigation of Nucleosome Dynamics」
    Tags: A01林
  339. 林剛介, 日本薬学会第142年会(2022年3月28日オンライン)「タンパク質化学合成〜低分子抗体の高機能化を目指して〜」
    Tags: A01林
  340. 新井敏, 第99回日本生理学会大会(2022年3月16日 仙台)「細胞熱工学の深化:色素を巧みに利用する温度計測と制御」
    Tags: A03新井
  341. 新井敏, 第21回⽇本蛋⽩質科学会年会 (2021年6月16日 オンライン)「単色蛍光タンパク質型FLIMセンサーを用いたATPの時空間定量イメージング」
    Tags: A03新井
  342. 新井敏, 第59回日本生体医工学大会(2020年5月26日 オンライン)「1細胞のエネルギーフローを可視化するための蛍光センサーの創製」
    Tags: A03新井
  343. 新井敏, SONYグループ社内講演会(2022年3月4日 オンライン)「細胞1個の温度を測り、制御する細胞熱工学」
    Tags: A03新井
  344. S. Tanaka, “Dynamical Association/Dissociation Processes of Biomolecules in Crowding Conditions” (2nd International Symposium on Chemistry for Multimolecular Crowding Biosystems (CMCB2022), January 26, 2022, Tokyo, online)
    Tags: A02 田中
  345. S. Tanaka, “Fragment Molecular Orbital Calculations for SARS-CoV-2 Proteins” (The 3rd R-CCS International Symposium, February 15, 2021, RIKEN, online)
    Tags: A02 田中
  346. 田中成典:「ナノ空間での熱伝導・温度緩和:温度生物学の基礎として」(Biothermology Workshop 2020、2020年12月22日、オンライン)
    Tags: A02 田中
  347. S. Tanaka and A. Nishiyama, “Quantum Brain Dynamics from a Viewpoint of Field Theory” (The 2nd Workshop on Quantum Cognition, December 6, 2019, Nara, Japan)
    Tags: A02 田中
  348. S. Tanaka, “Perspectives of Computational Drug Discovery: AMED-BINDS Activities in Japan” (AHeDD2019/IPAB2019 Joint Symposium, November 29, 2019, Kawasaki, Japan)
    Tags: A02 田中
  349. Tabata K.V., Single-virus measurement reveals virus populations, Pacifichem 2021,2021,12,18
    Tags: 田端 A03
  350. 田端和仁,  ウイルス1粒子計測によるウイルス集団のheterogeneity, 73回日本生物工学会,2021,10,28
    Tags: 田端 A03
  351. Tabata K.V., In vitro genome amplification and editing, Minmal Cell Workshop,2021,9,20
    Tags: 田端 A03
  352. 田端和仁,  マイクロデバイスにバクテリアを融合する, 92回日本生化学会,2019,9,18
    Tags: 田端 A03