分子夾雑の生命化学

menu

プレスリリース

[すべて] [A01の成果] [A02の成果]  [A03の成果] 

1. タンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルを開発(Nature Nanotechnology, A01 浜地先生)

2. 有機化学と合成生物学を駆使して植物ホルモンの作用をハイジャック(Nature Chemical Biology, A01 萩原先生)

3. 細胞夾雑系有機化学の開拓  ( A01 : 浜地先生 )

4. 尿中マイクロ RNA から 「癌」 を特定 !( A03  : 馬場先生 )

5. 幹細胞ラベリング 用超低毒性量子ドット「 FluclairTM」試薬の開発 ( A03  : 馬場先生 )

6. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルを開発 ( A01 : 浜地先生 )

7. 細胞中でも使える分子連結法の開発に成功 ( A02 : 喜井先生 )

8. がん細胞の増殖や転移を促進するNRASを狙って破壊する「分子標的型光線力学治療法」を開発
( A02 計画班 : 杉本先生, 建石先生, 三好先生 )

9. Wnt タンパク質複合体の凝集と解離が情報の拡散範囲を規定する〜細胞の社会の中で情報が拡散するためには〜 ( A03 : 内山先生 ) 

10. 抗がん剤の機能を高める新しいドラッグデザイン(化学反応で標的タンパク質を高選択的に機能阻害)を開発A01計画班:王子田先生、浜地先生、小野先生、進藤先生)

11. ポリリン酸が引き起こす蛋白質異常凝集体の形成機構を解明 ( A02計画班:後藤先生 )

12. 細胞分裂面を決める波を人工細胞内で安定的に発生させる条件の解明-自律的に分裂可能な人工細胞の構築に向けた成果-( A02公募班:藤原先生 )